リップル(XRP)時価総額第2位へタッチ!その一方、ビットバンクのチャートは不思議な動き

リップル(XRP)時価総額第2位へタッチ

ここ数日間、驚異的な上昇を続けていたリップル(XRP)は、仮想通貨の取引高・価格などの情報を提供するサイト〔CoinMarketCap〕の時価総額で、ETHを抜き第2位に到達しました。(※記事執筆時)

今後の価格推移によっては順位変動の可能性はあるものの、久々の高騰に注目が集まっている。

久しぶりにチャート見てテンション上がったウホォ!

XRP急騰の理由は?

今週初め、リップルのSagar Sarbhai氏はCNBCのインタビューに対し、同社の決済プラットフォーム『xRapid』を今後一か月ほどでリリースする可能性があると語っている。

↓↓xRapid関連過去記事

9月19日にはアメリカの大手銀行であるPNC銀行がRippleNetへ加入した事が報告され、9月13日には、サウジアラビアのNational Commercial Bank(NCB)のRippleNet加入が報告されています。

その他、関連の情報としては、9月15日にSBIリップルアジアが送金アプリ「Money Tap」のティザーサイトを公開するなど、投資家の期待を集めていた。

ホホー!最近リップル関係で良いニュース多かったウホね!

急騰の一方、bitbankのチャートは不思議な動き

リップル(XRP)急騰の一方、国内取引所のビットバンク(bitbank)では、「注文が通りづらい」「他の取引所と価格が激しく乖離している」などの声がTwitter上で相次いだ。

該当時間帯のbitbankチャートのスクリーンショット(1分足)

えっ!マリオの階段みたいなチャートなっとるウホ!ヒゲはどこウホォ!?
5分足

CoinMarketCap価格表のスクリーンショット
ちょっ!他の取引所と10円くらい乖離してるウホ!

ほわぁ…せっかく久しぶりに高騰してウキウキなってたのに、水差されたような気分ウホ

これはいくらなんでも…。記事執筆時点では、ビットバンクからの通知やお知らせ等は届いていないので何とも言えませんが、何らかの問題があったんじゃないかと思います。

ゴリ的評価だと、一番お気に入りの取引所なのに…

管理人もです。私の場合は海外取引所への送金が用途の大部分ではありますが、高騰時などの需要が集中する時にこれは…非常に残念ですね。
自分が取引を行いたいタイミングでまともに売買できなかったら、もはやその取引所を使う理由が無くなってしまいます。

グチっぽくなってしまって申し訳ないですが、国内取引所って仮想通貨の普及にとって生命線だと思うんですよ。
ぶっちゃけ、コイン(仮想通貨)それぞれの良し悪しの前に、「取引所でキチンと安心して取引できる」というのが、私達のような一般ユーザーには重要なのになぁ…。

たしか数日前にも、まともに動かない時間帯あったりしたウホね?

19日にその関係で報告を出してますね。

今日の件は、原因について(記事執筆時点では)まだ報告されていないようなのでアレコレ言いづらいところですが、もし「サーバーが…」とか「システムが…」などの理由であれば、正直『ふざけんな』ってレベルかと思います。

ほんっとマジで!日本の取引所ガンバってくれウホォォォ!

スポンサーリンク

リップル(XRP)時価総額第2位へタッチ!その一方、ビットバンクのチャートは不思議な動き” に対して 2 件のコメントがあります

  1. river より:

    やっぱり最強はSBI VC ですね

    1. ゴリラ管理人 より:

      おぉ、riverさん的にはかなり高評価なんですね!
      管理人はまだ開設していないので、これを機に検討してみようと思います。

コメントを残す