ベトナム中央銀行・マイニング機器の輸入を一時停止

ベトナム中央銀行・マイニング機器の輸入を一時停止

地元メディア〔vietnamnews.vn 〕7月19日の報道によると、国の中央銀行にあたるベトナム国営銀行(SBV)は、仮想通貨マイニング機器の輸入一時停止を求める産業貿易省(MOIT)の提案に同意したと発表した。

輸入一時停止の背景には…

ベトナムでは、今年4月に大規模なICO詐欺が表面化し、2つのICOによって投資家3万2千人から、約6億6000万ドル(日本円で約700億)が盗まれた。

首相のNguyen Xuan Phuc氏は、この事件以降、ICO・仮想通貨に関連する全ての活動に対し、管理を強化するように指令を出している。

6月、財務省は、仮想通貨マイニング機器の輸入と使用に関して、国の管理機関は厳格な管理措置を講ずる必要があると報告し、一時的な輸入禁止を提案していた。

あ~輸入禁止して詐欺防止に意味ある??って思ったの覚えてるウホ


消費者保護に直結するか?

ベトナムでは昨年中頃から、ビットコインや他の仮想通貨の合法化に向けた法整備の準備を進めていると報告されていたが、成立には至っていない。
今回の決定は、現状の法制度の下で、地元の消費者を保護する為の暫定的な措置とも考えられる。


ん~。。ちょっと迷走気味な感じするウホォ

ですね。どこからを「マイニング機器」と定義するかも難しい気が…。
ASIC(マイニング専用機)の形で入ってくるものはダメとして、グラボやPCパーツまで禁止するわけにもいかないでしょうし。

そもそも目的は4月みたいな詐欺を防止する事ウホね?

まぁ…その視点で見ると効果の程は微妙でしょうね。
詐欺被害を生んだ2つのICOサイトも当時見に行きましたけど、「これそもそもトークン発行してるん?」というレベルだった気がします。
言い方は悪いですが、なんでこのICOで32,000人が騙されるんだ??と疑問に思いました。

輸入禁止より、もっと別な方向に労力を使った方がいい気がするウホォ…

仮想通貨に関係するものに触れる機会を減らす、という点では多少の効果はあるかもしれませんが、詐欺防止の目的では微妙ですよね。

「一時的」という報道がされていますので、環境を整備する過程での、1つの手段と見ておくのが良さそうに思いました。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.ccn.com
vietnamnews.vn


スポンサーリンク

コメントを残す