フィリピンはアジアのクリプトバレーに?フィリピンと日本の銀行間でブロックチェーンによる国際送金サービス開始

仮想通貨に積極的なフィリピン

アジアのクリプトバレー※を目指しているフィリピン。仮想通貨の市場停滞にもかかわらず、フィリピン中央銀行の発表によると仮想通貨投資額は月間約40億円にのぼると言われています。

※クリプトバレー
仮想通貨やブロックチェーン技術などを歓迎したり、寛容な規制でどんどん推し進めるような地域に対クリプトバレーと表現する。例としてBinanceを歓迎したマルタ島等

過去の記事にありますが、仮想通貨やブロックチェーンの技術に対してかなり積極的。規制やルール設定もうまく進んでいるようです。

日本の銀行と提携して、ブロックチェーンによる送金を可能に

フィリピンを本拠点とするメインバンク「Rizal Commercial Banking Corporation(以下RCBC)」は、りそなホールディングス傘下の「みなと銀行」「関西アーバン銀行」と提携しました。それぞれ大阪と神戸に拠点を置く銀行のようです。

これらの提携により、ブロックチェーンを使った迅速で費用対効果の高い送金サービスを提供する予定。

RCBCの上級副社長は「日本に滞在するフィリピン労働者にサービスを提供したい。これにより迅速かつ安価に送金が可能となる」とのことです。提携銀行を使うことで、商取引がリアルタイム決済されるようになります。

・・・・んっ?

日本に滞在するフィリピン労働者にサービスを提供し、迅速かつ安価に送金?

あれ?聞いたことあるウホ

そうですねえ・・。そういえば元気にやっているのでしょうか。

ノアコインは今月フィリピンの決済サービス「PayRemit社」との提携が発表されて、こちらも積極的な活動をしているようです。

誤解が無いように言いますが、管理人は別にノアコインが嫌いなわけじゃありません。国内で行われる「持ってるだけで○倍!」「○年後に○億円に!」といった責任感の無い広告が気に入らないのです。

仲間とフィリピンパブに遊びに行った際、オネーチャンが地下鉄開発を含む大規模な地区開発について教えてくれました。絡んでいるのかどうかよく分かりませんが、損する人が出ないよう頑張って欲しいですね。

ちなみにフィリピン中央銀行のデータによると、フィリピン労働者が故郷に送金した金額は先月1億3,740万ドル。送金額が多いことからブロックチェーンによる送金サービスの提携先を日本に選んだそうです。

クレジットカードによる支払いにもブロックチェーン技術?

今年2月、ユニオンバンクはVisaブロックチェーン決済プラットフォームを採用し、クレジットカード支払いにもブロックチェーンを採用しています。

管理人が見ている限り、フィリピンはブロックチェーンに対して非常に積極的。規制のバランスが良く、大手銀行も政府もしっかり利点を理解しているようです。

理解者が増えると良いウホー

う~ん。国内は規制に忙しく、更にCCショックでマイナスイメージが非常に強いのでまだまだ先になりそうですね。


スポンサーリンク

コメントを残す