インドの取引所 Unocoin・国内に仮想通貨ATMを設置、銀行を介さずに購入が可能に

Unocoin・国内に仮想通貨ATMを設置

インドの仮想通貨取引所Unocoinは、国内初の仮想通貨ATMの設置を開始しているようだ。

Twitterに投稿されたATMの画像には、Bitcoin、RippleのXRP、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoinの5つの暗号化のロゴが表示されています。
ATMは「Unocoinの顧客専用」であり、「クレジットカードとデビットカードは受け付けられません」という情報が読み取れます。

中央銀行の禁止措置への対策か

インドの中央銀行にあたる〔インド準備銀行(RBI)〕は、今年4月に『RBIによって監督されている事業体は、仮想通貨を扱う企業・個人に対して、サービスの提供等を行ってはならない』という禁止措置を発表し、7月に施行された。

これにより、インドの取引所はルピーでの入金・引き出しサービス提供が出来なくなっているのが現状だ。
このATMの設置によって、現金(インドルピー)で取引所への入金ができなくなった現地の人々が、再び現金での仮想通貨購入が可能になると思われる。


銀行がダメなら自分でやるわ

news.Bitcoin.comの記事によると、このATMはUnocoin・取引プラットフォームUnodaxの顧客は、ATMで入金した現金を使って仮想通貨を購入する事が可能になる。

Unocoin CEO:Sathvik Vishwanath氏は、第一段階としてインドの3都市に30台のATMを設置する予定であると語っている。

《引用元⇒news.Bitcoin.com

「私たちが配備したATMは、銀行提携を必要としない。これらは、現金を受け取り、分与することができるスタンドアローンのマシンです」
「最初のATMは、明日のバンガロールで稼動します。第一段階では、30台のマシンを展開する予定です。最初のものはバンガロールで、その後はムンバイとニューデリーです」


すげぇ!金融サービス使えないなら、自分らで入出金方法作るわって話ウホねw

このフットワークの軽さと行動力には脱帽ですねw
RBIの「サービス提供禁止」が施行されてから、取引の多くは個人間の取引プラットフォームに移行しているとの報道を見かけていて、政府からの最終的な判断が示されるまで続くんだろうなぁ…と思ってましたが、まさかこんな飛び道具が出てくるとはw

これ稼働開始して、うまく転がったら…『ざまぁw』ってレベルでスカっとするウホォw

これ自体の合法性などについては議論の余地があるのかもしれませんが、RBIの中途半端な規制措置に一石を投じる事になりそうですね。
そういう意味でも、インドの今後の動向は興味あります。

話はちょっと変わるけど、管理人的に「仮想通貨ATM」ってどう思うウホ?

あぁ、要は『スマホで完結するからいらなくね?』って話ですよね。

そうウホ。ゴリはいまいち必要性がわからんウホー

少なくとも私やゴリさんには必要無いと思います。日本で生活していて、銀行口座も持っているなら特に不自由ありませんし。

ただ、世界では貧困や生活環境などの要因によって、銀行口座を持つことが出来ない人達がたくさんいます。
私達がクリック1つで済ませる買い物も、口座が持てないことで諦めるしかない人もいるわけです。

そういう人達は、投資面よりも金融インフラとして仮想通貨に関心があるという記事を見かけました。

なるほど~銀行口座は無理だけど、仮想通貨ならってことウホね

ですです。他にもPRとしての役割も大きいんじゃないかと。
いつもの通勤路に見慣れた形のATMが並んでいれば、「仮想通貨って怪しい」と思っている人達の印象が変わるキッカケにもなるんじゃないかなって。

あ~親世代とかはATMから買えるってだけで印象変わりそうウホw

普段見慣れたものから仮想通貨に繋がるという点は、意外に大きいのかもしれませんね!
coinatmradar.comのデータによると、仮想通貨ATMの設置台数は右肩上がりで伸びているらしいですし、早く仮想通貨の正しい知識が周知されて、下の記事のような悲しい事件が起こらないことを願うばかりです(泣)

(´;ω;`)本当に悲しい事件だったウホ…

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す