Twitter・仮想通貨関連の広告禁止を正式に発表

Twitter・仮想通貨関連の広告禁止

3月27日、Twitterは広告ポリシーを新しく追加し、仮想通貨・ICOなどに関連する広告の掲載禁止を公式に発表しました。

Twitterの広報担当者は、米・CNBCに以下のように語りました。

「Twitterコミュニティの安全を確保することに全力を傾けており、暗号化に関するTwitter広告の新しいポリシーを追加した」
「この新しい方針の下で、イニシャルコイン・オファリング(ICO)とトークン販売の広告は世界中で禁じられている」

日本ではどういう形で禁止される?

Twitterの更新されたポリシーのページでは、広告掲載についてのガイドラインが明確に示されています。

《引用元⇒business.twitter.com

銀行、証券、外国為替、仮想通貨為替取引、および保険の広告主様は金融庁の許可が必要です。
クレジットカードの広告主様は日本クレジット協会に所属している必要があります。
広告を掲載するには、事前にTwitterによる承諾を得る必要があります。

ホホー! これはわかりやすいウホ!好感度アップ!

Googleのポリシーでも『申請すればいけそう…?』と思えるような記述はありましたけど、Twitterはハッキリと基準が示されていてわかりやすいですね!


Binance CEOもTwitterの取り組みを称賛

Changpeng Zhao氏は、Google・Facebook・Twitterなどの仮想通貨関連の広告禁止について、肯定的な意見を出しています。

Twitterでは、主要な通貨に関係する開発者や有名人などの「なりすまし」アカウントが、詐欺を行う事例が報告されています。

Zhao氏は、一連の広告禁止などの取り組みが『一時的に仮想通貨業界への関心を低下させるとしても、詐欺や不正を防止し、投資家が安全に参加できる環境を整えることで、全体の健全な成長が可能になる』と見解を示しています。


さすが!CZ(Zhao氏)は言う事が違うウホね!

広告の制限によって、ネットやSNSなどで「仮想通貨」を見かける機会は一時的に減るでしょうけど、詐欺まがいの広告やアカウントをバンバンBANして健全化に繋げられるなら、長い目で見て全体の利益になりそうに思います。

CMバンバン打ちながら当局に行政指導喰らったりするトコとは器が違うウホ!

まぁまぁw
これらの広告の制限については賛否両論あって当然でしょうが、個人的には『自己責任』という言葉が伝家の宝刀のように使われる現状には…多少の違和感もあると思っているので、こういった制限はわりとイイ方向かなぁとも思っています。

投資や取引の結果は「自己責任」で当然ですけど、詐欺やなりすましなんかは、その前の段階で防止できるならそれに越したことないですし。

みんなが最初から熟練者じゃないから、そういうのも大事ウホねぇ…

サイトとして「広告を載せる側」としても、うさんくさいのはなるべく弾いて欲しいのが正直なところです。
管理人はそういうのを手動で止めてるんですけど、地味に作業が大変だし、いたちごっこなんですよね…

『このまえ停止したのにまた沸いてきた!〇ね!』とか言いながらやってるウホねww

みんなの大事なお金に関係する事ですし、Google・Facebook・Twitter、これらの広告に関する制限は、一見ネガティブな話として受け止められるかもしれませんが、仮想通貨が世の中に広く浸透していく過程で、一時的にこういう形になるのは、ある意味で健全なことなのかもしれませんね!

それだけ広まってきて、みんなが関心持ってるからって考え方もできるウホね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
cnbc.com
business.twitter.com
bitsonline.com


スポンサーリンク

コメントを残す