フランス・タバコ屋で買えるビットコイン

タバコ屋で買えるビットコイン

フランスのラジオ局(europe1)の報道によると、フランス健全性監督破綻処理機構(ACPR)は、タバコ店での仮想通貨販売を承認し、現地のタバコ店連盟では来年1月からビットコイン・*バウチャーの販売を開始する見通しだ。

※バウチャー⇒引き換え券みたいな意味ウホ!
コンビニで売ってるiTunesカードのビットコイン版みたいなイメージするといいウホ!

このプロジェクトはフランスのFintechスタートアップ〔Keplerk〕との提携により実現されます。

店舗では、50、100、250ユーロの額面でバウチャーを購入できるソフトウェアが導入される予定だ。
顧客はKeplerkのプラットフォーム上でバウチャーをビットコインに変換し、ウォレットに保管する事を可能にする。

開始当初は3,000~4,000店のタバコ店がバウチャー販売を開始し、導入店舗数は今後拡大していく見通しだという。

ロイターの報道では、Keplerkはこのプロジェクト全ての取引で7%の手数料を徴収することによって資金を調達するとしている。

Keplerkの戦略開発担当ディレクター:Adil Zakhar氏

『タバコ店のオーナーは顧客から信頼されており、携帯電話のクレジットバウチャーなどを販売しています。タバコ店は顧客への最良の窓口です』

いつものタバコ屋のおっちゃん・おばちゃんから買えるって感じウホね~


フランス中央銀行は

ACPRによる承認が報じられる一方で、フランス中央銀行は仮想通貨への投資に伴うリスクについて投資家に注意を促している。

水曜日の声明では、フランスの中央銀行は、ACPRが独自の裁量で許可を与えたと述べ、ACPRがKeplerkのプロジェクトを監督することを意味するものではない、としている。

「これは純粋に投機的な資産であり、通貨ではない。Bitcoinや他の暗号資産に投資する人は、自分の責任でそれを行います」と述べている。


なる~監督はしてないから、自分らで責任もって注意してやれよ!みたいな?

そういうニュアンスですかね。ネタ元の(europe1)の考察では、当局は世界的なビットコインの成長が避けられないものだと感じていると述べられていました。
変にガッチガチにしても管理は難しいでしょうし、それで時流に置き去りにされるより、認めるとこは認めて規制をしっかりやる方がいいよね♪的な。

たしかにウホ。日本だと店舗で売るみたいな話はサッパリだけど、仮想通貨ATMとかにしてもけっこう需要あるみたいウホね

規制環境的に難しいというのもありますし、仮想通貨にある程度慣れてしまった私やゴリさんの感覚だと、「別にスマホ1台で買えるやん」とも感じてしまいますが…これから始める人にとっては、間口はいろんな所にある方がいいんじゃないかなって個人的には思います。

んだけど、中間マージン的なのあるからやっぱ割高なるウホね?このニュースでも手数料とか言ってるし。

最初の一歩は”割高でも安心して買える”方がいいんじゃないかなって思ってます。
いつものコンビニ・タバコ屋で買えるみたいな環境って、普及のためには大事じゃないかと。全く興味が無い人の目にも触れる機会がありますもんね。

そっかなぁ…いまいちピンとこないウホォ

ほら、アレですよ。スマホやネットの『課金初体験』と一緒ですよ。
ゴリさんだって最初のネット課金の時は『カード切るの怖いウホォ』『携帯キャリア決済も不安ウホォ…』とか言ってたじゃないですか。

ガチャ回す→コンビニダッシュ→ガチャ→コンビニ

…みたいな永久機関してましたよね?

恥ずかしいからやめろウホォ!!そういやたしかに、コンビニのプリベイトって安心感あったウホw

iTunesカードでトランプが出来るくらいの頃には、音速でクレカを切るようになってましたよねw
管理人は仮想通貨もそれと似たようなものだと思ってるんですw

『タバコ屋でビットコイン』が、仮想通貨の広がるキッカケになればいいですね!

日本でも自販機とかで売って欲しいウホ!子供が買わないようにトタンの小屋で囲って大人の自販機に!

ゴリさん、それ田舎の国道沿いでエロ本売ってる小屋や…

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.europe1.fr
uk.reuters.com


スポンサーリンク

コメントを残す