タイ・5件のICOが規制当局の承認を受ける見込み

タイ・5件のICOが規制当局の承認を受ける見込み

タイの証券取引委員会(SEC)は、今月5件のICOを規制当局によって承認する見込みだ。

SECの承認

地元メディアの〔bangkokpost〕によると、同国では現在、50ほどのICOが規制当局の承認を得るため申請を行っている。
SECは承認が見込まれる5つのICOについて、具体的な詳細や特徴について明らかにはしていないが、SECの担当ディレクター:Thawatchai Kiatkwankulは、当局が好意的に捉えるICOの特徴について触れています。

『容易に査定され、商業的な属性が付けられたプロジェクトは資金調達のために考慮される』

目的や金の流れがハッキリしてて、商売としてわかりやすいみたいな??

SECは、ICOの今後の成長を見込み、ICOの登録単位をIPO(公開株式)に拡大して組み込み、市場需要に応えるために準備を進めていると述べている。

ヘー!認可されたICOは株と同じ扱いするみたいなウホ?


タイとICO

タイでは、5月14日にデジタル資産を規制する勅令が発行されました。
ICOの発行者、取引所、ブローカーなど、デジタル資産取引に関わる全ての参加者は、発効日から90日以内にSECに登録する必要があります。

特にICOについては、KYC(いわゆる本人確認)ルールへの準拠、登録資本金など様々な要件を満たす必要があります。

ICOプロジェクトの登録が進めば、タイは規制された環境で合法的にICOを受け入れる最初の国になるだろう。


ホホー! なんかすごい良い関り方って気がするウホね!

ICOプロジェクトがタイを拠点として行う事で、税収の増加や地元での雇用なども生まれる事に繋がりそうな気がしますね!
とはいえ、それ相応の審査も必要でしょうけど。

ICOって野放しみたいなもんだし…だからアホみたいのも量産されるウホね?

そういう側面は確かにあるでしょうね。
もはや何のために資金調達をするのかすら不明で、第一目標が「目的の無い資金調達」になってそうなものも散見します。

ホワイトペーパー読んで…「だから金を何に使うんだ!」ってツッコミたくなるのもあるウホw

そういう側面から考えても、タイの取り組みは注目したいところですね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.bangkokpost.com
www.ccn.com


スポンサーリンク

コメントを残す