「あなたの両親は大丈夫?」スマホが苦手な年配層でも、怪しいコインを売りつけられるかも!

「あなたの両親は大丈夫?」

どーも管理人です。訪問していただきありがとうございます。

ゴリでーす!なんか物騒なタイトルウホね?

ええ。この話は私の友人からの相談が元ネタになってるんですが、「他人事じゃないなぁ…」と思ったもので。
事の始まりは、友人から「ビットコインすら知らない親がICOらしきものに投資してる」と相談を受けたところからです。

え!ビトコ通り越してICOから??

その友人も仮想通貨について「TVとかで何となく知ってる、所持した経験は無い」という人なので、私に相談してきたわけです。
今回の記事では、友人との会話を元にまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

高齢者に忍び寄る怪しいコイン

友人A:〇〇〇コインって知ってる?

管理人:ん?あーあんま詳しく知らんけどサギのやつでしょw

友人A:え!サギなの?

管理人:いや、犯罪としての詐欺確定って意味じゃなくて…おそらく騙し半分のうさんくさい投資話って意味で便宜上サギって言ったんだが。どうした?

友人A:いや…親が買ってるっぽいんだよね…

管理人:は?お前の親ってゴミみたいなICOに金払う手続きできるくらいネット使えんの!?

友人A:ううん。PCは無いし、今どきの簡単スマホみたいのは持ってるけど、Amazonとか使えないし「Googleなにそれ?おいしいの?」ってレベル。

管理人:なんやて…そういう話なら俺も適当な事は言えないから、そのコインについて時間かけて慎重に調べてくるわ。少し時間くれ。

友人A:悪いね。すげー助かる

.

.

.

※30秒後

管理人:お待たせ。それサギです。

即決ぅぅぅぅwwww

んで、そのICOらしきもののWEBサイトを見に行ったんですが…まぁ明らかにヤバイ香りがプンプンするわけです。

友人からIDパスをもらって画面共有して、会員用画面の中も見てきたんですが、まぁ…画面上にはゴミトークンの残高がどっさりあると。

このゴミトークンって一枚あたり何円って言ってんだろ?と思ってサイト内を見回すと景気の良い数字が並んでるわけです。

ホホー ICOは元本割れがほとんどなのにすごいウホね

電卓を弾いて計算すると、投資10万ぐらいで購入したトークンが、現在の価格では「2000億円オーバー?(ただし売る場所は無い)」だそうです。

グッハw2次元限定の千億り人爆誕ウホォ!

スマホを満足に使えない親世代がどこから釣られた?

いやね、彼の両親がスマホを普通に使う人なら理解できなくもないんですよ。
LINEやらTwitterなんかで怪しい投資話をバラ撒く有象無象はアホほどいるので。

まぁそのトークンがサギまがいなのは管理人も一瞬で把握したんですが、ここで疑問が生まれます。

電話とメール程度しかスマホを使えない親世代が、なぜこんなゴミICOに辿り着いたのか?』という疑問です。

それで不思議に思って友人に…

管理人:お前の親、どっからこんなゴミICO辿り着いたん?釣られるにしてもメジャーなゴミICOになりそうなもんだけど?

友人A:なんかね、友達からの紹介で買ったとか言ってたわ

管理人:えぇっ…紹介されたにしても、自分でWEB手続きできないっしょ??

友人A:うんうん。その友達経由でお金払って購入みたいな?ちなみに今まで会員サイトにログインしたことも無いって

管理人:マジかよ…

友人A:マジ。だって今ログインしてるIDとパス、親から渡されたメモ紙だもん

この話を聞いて、管理人は愕然としたわけです。

要はネットをほとんど使わない高年齢層の人達であっても、いわゆる「仮想通貨に関連した詐欺」に引っかかる可能性があるんだ…と。

管理人:これさ、言ったら悪いけど、かなりガバガバな…

友人A:なんかね、親的には友達付き合いの延長で…みたいな感じみたい

管理人:あぁ~そっか。声かけてきた友達も、怪しいのを広げてるって自覚無いのか

友人A:だろうね~。ほら、20年くらい前にいわゆるネットワークビジネスが流行した時期みたいな感じなんじゃないかな。地方だから隣近所との関係もあるし、むげに断れなくて…みたいな感じっぽぃ

管理人:なるほど…今後の話はともかくとして、親に『追い銭だけは絶対すんな』って言っとけ

友人A:了解、さんきゅ!


これは他人事じゃない

友達の紹介ってことは…要はネズミ講的な仕組みのやつウホ?

ですね。紹介する人数が増えれば~的なお決まりのヤツです。

「代理店」「会員登録料」「最低購入金額」「ここでしか買えない」などの怪しいパワーワード満載の99%サギのやつですね。

ホハー、なんかゴリの親も騙されてないか心配なってきたウホォ

ほとんどインターネットに関わりの無い高齢者層が、こういう形で騙されているのは衝撃ですよね。
管理人も親には「オレオレ詐欺とか訪問販売は気をつけろよ」と伝えていましたが、仮想通貨に関連した詐欺も注意喚起しないといけないなぁと。

隣近所とか友達とかの話だと、対処も難しいウホね

あらかじめ知っていれば対処も難しくないでしょうが、知識の無い状態で親しい友人などが話を持ってきたら、とりあえずは耳を傾けますもんね。

いわゆるネズミ講的なネットワークビジネスの勧誘って、最初の一回はとりあえず話を聞いた経験ないですか?

あ…言われてみれば友達に連れられてファミレスで話聞いたウホォ

管理人もです。その当時まったく知らなかったので、セミナーに連れて行かれて説明を聞かされました。
かなり前の話なので記憶は曖昧ですが、たしか商材がなんかの健康食品みたいなものだったと思います。

1個当たりの単価が異常に高く、「あ~なるほど、安物を高値で売買して金を回すのか」と気づいたので参加する事は無かったですが、声をかけてきたそれなりに親しい友人は「絶対儲かるよコレ!」って目を輝かせていまして…、なんとも表現しづらい感じでした。

けっこう近い人からの勧誘だと断り方も難しいウホね

でしょうね。管理人は幸いながら金が絡む場面の意思表示がハッキリしてるタイプなので、秒で「結構です^^」と言えるんですが、そうじゃない人も沢山いますからね。
少し話が逸れてしまいましたが、高齢者層が仮想通貨やICOを題材にしたサギまがいの投資話に釣られる背景をチラ見できた一件でした。

こういう形のやつって防ぐの難しそうに思うウホォ

こればっかりは親世代に「こういう話があるから気をつけろ」と口を酸っぱくして伝えるしかなさそうに思います。
そういう個人の防衛意識にプラスして、多くの人に周知する事でしょうね。

似たような勧誘そのものが「どっかで聞いた事がある怪しい話」として認知されれば、釣られる人も少なくなるとは思いますが…。

オレオレ詐欺みたいなレベルで認知されるには時間かかりそうウホー

個人的には、こういう部分こそお役所が頑張ってほしいと思うのです。
今すぐ怪しい投資話全てをフルボッコにする事は難しいとしても、注意喚起によって釣られる人を減らす事は出来るんじゃないかなって。

兎にも角にも、まずは親世代に私達がしっかり伝えないとですね。帰省した時にでも、それとなく探りを入れてみますか。

「オヤジ、最近ビットコイン流行ってるウホね?」って聞いてみるだけでも違うと思うウホよ!

スポンサーリンク

コメントを残す