中国・学校の怪談?昼夜休日を問わず聞こえる音の正体とは?

学校の怪談?

湖南省南東部・郴州市の普満中学校では、奇妙な事例が報告されていた。どこからか聞こえてくる騒音、校内ネットワークの慢性的な遅延などだ。

休校日・夜間でさえも騒音とネットワーク遅延に悩まされ、電力消費量も増加していた。

教員への当初の説明では、”エアコンや電気設備の使い過ぎ”とされていたが…最終的に判明した原因は、校長・副校長によるマイニング」によるものだった。

職場の電気でマイニングしてやがったウホww

自宅だと電気代が高かった

当初、校長は他教師や職員に対し、校内の電気設備やエアコンの使い過ぎが原因だと説明していたが、不審に感じた職員らが校内を調査した結果、コンピューター教室に「マイニング機器」を発見し、今回の騒動に至った。

《画像引用元⇒www.hk01.com


校長らは今回の件に関し、元々は自宅でマイニングを行うつもりで機器を購入したが、電気代が高額になった事に驚き、学校内にマイニング機器を設置して電力を不正に奪ったと話している。両名は告発され、処罰・警告などを受けているという。


ホホー!写真見た感じだと、教室の横にある「準備室」みたいなとこでやってたみたいウホ

すぐにバレそうなもんですけど…ネタ元の記事では2017年の夏頃から行っていたとの記載がありました。
わりとガチ仕様の機器が複数並んでますけど…もう少し小規模だったらバレずに掘り続けられたのかもしれませんw

管理人も自宅マイニングやってるけど、やっぱ騒音とかすげーウホ?

騒音の大半は冷却ファンの音だと思うので、その辺は対策品を組んだりすれば多少は…とも思いますが、管理人的には熱気がヤバイ印象です。
私のこじんまりしたマイニングPCですら、”ちょっとした暖房かな?”と思えるくらいなので…複数台を設置するなら一般家庭だと何か対策しないとガチレベルの運用は厳しいように思います。

これからの季節には暖房がわりになるウホねw

実際にマイニングで発生した熱を再利用する試みは色々と見かけますね。
これからの寒い時期、プラモデルを作る感覚でマイニングに挑戦してみるのも面白いかもしれませんよ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.hk01.com
www.coindesk.com


スポンサーリンク

コメントを残す