サッカー界のスター、ロナウジーニョが仮想通貨事業へ

サッカー界のスター、ロナウジーニョが仮想通貨事業へ

ロナウジーニョの愛称で知られるサッカー界のスター、ロナウド・デ・アシス・モレイラ氏は、WSC(worldsoccercoin)と協力し、デジタルとリアルの世界を融合した画期的なサッカービジネスを開始しています。

ロナウジーニョ氏は7月7日のtweetで、1800万人以上のフォロワーに対し、プロジェクトへの参加とサッカーコインの販売について語りました。
今年2月にも、同じ動画をtweetしています。

『soccer coin will be on sale worldwide.』
(サッカーコインは世界中で販売される予定です)

ロナウジーニョサッカーコイン

プロジェクトでは、ブロックチェーン・AI・VRを利用したデジタルサッカースタジアムの建設、e-スポーツ、試合予想のベット(賭け)、子供や障碍者への支援を目的としたスマイルプロジェクト、高いレベルのセキュリティを備えた支払いシステムなどが紹介されています。

このプロジェクトで発行されるトークン『RS coin(RONALDINHO SOCCER COIN)』は、仮想通貨NEOの技術を利用して発行され、サッカーに関連した様々な用途に利用される予定です。

デジタルサッカースタジアム??

下の動画内の説明によると、『具体的には、世界各地にネットワークで繋がったデジタルスタジアムを作り、そこでスーパーリーグを開催し、プロ・アマ問わず賞金賃金を得る事が出来る…』という解説がされていましたが、「管理人は、具体的にわかりませんでした

動画があった

日本語訳がついた動画がUPされていました。

プライベートセールは7月15日から?

RS coinのWEBサイトでは、プライベートセールを7月15日から開始するとアナウンスされています。
なお、気になるホワイトペーパーについては、記事執筆時点で『coming soon(近日公開)』の表示でした。



えぇ…(困惑)

ということで、詳細な内容については今の時点で不明です。
とりあえずハッキリ表記してあったのは「Private Sale 15 July.」という点でした!

これロナウジーニョが始めたウホ?

管理人もまるっきりノーマークだったので確かな事は言えませんが、ザっと見た感じでは、もともとWSC(worldsoccercoin)が行っていたプロジェクトに、ロナウジーニョ氏が参加して、RS coinに…という形みたいです。

いやぁ…何とも言えないモヤモヤ感があるウホォw

有名人がICOプロジェクトに参加したというニュースはたまに見かけますが、あまり良い形で進んでいないのが大半ですもんね。
映画俳優スティーブン・セガール氏が支持したICOでは、当局に停止命令を受けたりで散々だったように記憶しています。

ロナウジーニョは人が良さそうだから、ちょい心配ウホ…んで、管理人はどうするウホ?

ん?投資するかどうかって話なら、スルーです。
というよりも、そもそもWEBサイトを見た限りだと情報が少なすぎて、投資するとかしないとか悩むところまで辿り着けませんでした。

ネットを漁って調べれば、いろいろ情報は出てくるかもしれませんが…、普通はそれらをまとめてPRするのが公式サイトの役割ですからね。

いまのところは続報待ち!ウホッ♪

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.soccercoin.eu
worldsoccercoin.eu
businesswire.com


スポンサーリンク

コメントを残す