RippleNetに参加する新たなパートナー

RippleNetに参加する新たなパートナー

2月7日、Ripple社は自身のブログ上で、中国の大手マネーサービス会社[Lianlian International]が、Rippleのブロックチェーン技術を使用する決済ネットワーク『RippleNet』に参加する事を発表しました。

Lianlian Internationalは、RippleNetに加入し、リアルタイムの国境を越えた送金・請求書支払い・eコマース支払いを受けることができます。
リップルの決済ソリューションであるxCurrentを使用して、*エンドツーエンドのトラッキングを提供し、中国、米国、および欧州間の国境を越えた取引を強化します。

※エンドツーエンドのトラッキング⇒最初から最後まで記録する的な意味

同社は、Amazon、Ali Express、eBayなどの加盟店と消費者の間で毎年何十億もの支払いを処理しています。
これは、中国の急成長している電子商取引市場にサービスを提供する最大のサービス会社の1つになっています

LianLianのCEO Arthur Zhu氏

「RippleNetを使用し、当社が現在サポートしている19の通貨でブロックチェーンを使用した即時支払いを顧客に提供することにより、RippleNetの経験をさらに強化し、市場シェアを拡大​します」
「私達はリップルと協力し、中国とリップルネットのメンバー間の新しい市場での決済の流れを強化することを楽しみにしています」


ホッホー よくわからんけど、RippleNetに中国のデカイとこが参加したって話ウホね!

みたいですね!中国では、国境を越えた電子商取引が急成長しているという報道も見かけましたし、そういう状況でのこの発表は、リップルにとっても追い風になりそうですね!

さすが送金のスペシャリストって感じするウホ☆

技術的な知識の無い私達でも、リップルの提唱する『価値のインターネット』の理念は、スゲー!そんなの出来たら便利だろうなって思いますもんね。

仮想通貨ってどうしても、投資面にばかり注目しがちですけど、その通貨の[目指すところ]に興味を持つのも、長期的に見てきっと役立つと思いますよ!

イイ事言った!ゴリも『価値のインターネット』を勉強する意味でリップル持つウホ!どこで買ったらいいウホ?

リップルを購入するなら

え?いや、勉強するだけなら所持しなくても出来るんじゃ…

いいから!実践に勝る勉強は無いウホ!!はよう!

え…管理人が国内取引所で買うなら、手数料の面から考えて[Bitbank]ですね。

個人的には、現状の国内取引所でのリップル購入に関しては最強かと。

ビットバンクの登録方法

GMOコインでも取り扱っていますが、スプレッドをよく確認してから購入するかどうか決断するといいと思います。

■GMO登録方法

それは暗にGMOのスプレッドがtakい…モガッ!モガガガ!

ゴリさん!バナナ!バナナですよぉぉぉ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
ripple.com
bitcoinist.com
www.ccn.com


スポンサーリンク

コメントを残す