「楽天ウォレット」4月15日より新規口座開設の申込受付開始を発表

「楽天ウォレット」新規口座開設の申込受付開始を発表

楽天グループの連結子会社で仮想通貨交換業を運営する楽天ウォレット株式会社は、2019年6月(予定)に暗号資産(仮想通貨)取引サービス「楽天ウォレット」の開始を、3月29日のプレスリリースで発表しました。

サービス開始に先立ち、4月15日(月)より新規口座開設の申込受付を開始するとのこと。

これはかなり追い風なりそうウホ!めっちゃ期待♪

楽天ウォレット

プレスリリースによると、楽天ウォレットでは場所を選ばずに仮想通貨取引が行えるよう、スマホアプリの提供を予定。

口座開設手数料は無料で、AI技術を採用した自動応答チャットサービスを導入し、ユーザーからの問い合わせにいつでも対応できる体制で運営されるとのこと。

セキュリティ対策としては、顧客資産を原則としてオフライン環境下のコールドストレージで管理し、安全性が極めて高いサービスを提供していくとしている。

AI技術の自動応答チャット?よくあるテンプレ返信するだけのチャットとは…ひと味違うぜ的なウホ?

「仮想通貨交換業者」の登録も完了

楽天ウォレットは、3月25日に資金決済に関する法律に基づく「仮想通貨交換業者」として関東財務局への登録が完了しています。

金融庁で公開されている仮想通貨交換業者登録一覧のページによれば、楽天ウォレット株式会社の取り扱い仮想通貨は『現時点でBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)』の3種類。

ホホー!取り扱い仮想通貨の種類は今後に増やしていくみたいな?

楽天ウォレット以外にも、株式会社ディーカレットが3月25日に金融庁への登録が完了

株式会社ディーカレットは、3月25日にプレスリリースを発表しています。

※引用元(PDFが開きます)⇒www.decurret.com

当社は、「すべての価値をつなげて、シンプルに交換する」をコンセプトに、安全性と利便性を備えたデジタル通貨(※1)取引のスタンダードとなる「デジタル通貨のメインバンク」を目指します。
※1 デジタル通貨:ビットコインをはじめとする仮想通貨や銀行が発行を検討している法定通貨のデジタル版等の総称。

取り扱い仮想通貨は
・BTC(ビットコイン)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・LTC(ライトコイン)
・XRP(リップル)
・ETH(イーサリアム)※今夏、取扱い開始予定

ディーカレットでは、3月27日よりアカウント開設の受付を開始しており、4月16日から現物取引サービスを開始するとのこと。



ウホォ~!なんか業界に春が来たって感じするウホォ~♪

なんだかワクワクしてきますね!管理人自身、ここ1年くらいはジリジリした気持ちで耐え忍ぶような日々でしたから…。
どちらの企業も安全確実なスタートを期待しています。

うんうん♪なんか両方とも取引所の業務だけじゃなく、将来的には色々とサービス展開しそうウホね!

そういった面も含めて、今後の情報に期待ですね!

ウホッ!景気よく百花繚乱で頼むウホォォォォ♪

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
corp.rakuten.co.jp
www.decurret.com


スポンサーリンク

コメントを残す