国税庁・仮想通貨に関連した確定申告の簡略化を目指す

国税庁・仮想通貨に関連した確定申告の簡略化を目指す

sankeibiz 7月16日の報道によると、国税庁は仮想通貨所得の確定申告を促す環境整備を、年内に進める方針を明らかにした。
金融庁・企業・団体と協力して、仮想通貨の取引で得た利益や、それに基づく納税額を自動計算する計算ソフトの活用など、申告の簡略化を進める方針だ。

ホホー どうせ納付するんだから、簡単な方がゴリは嬉しいウホォ~

自動計算ソフトの周知など

仮想通貨の売却・取引などで発生した損益の計算は、取引所ごとにデータの保存方式が異なるなどの理由で正確に算出する事が難しく、計算を怠ったり、ごまかしたりすることで、納税が滞る点が問題視されている。

こういった問題の解決に向けて、IT関連の民間企業では、仮想通貨の確定申告に利用できる自動計算ソフトなどの開発が進められており、国税庁はこれらの民間サービスをユーザーに向けて周知したいとしている。
複雑な計算を自動化することで納税者の負担を軽減し、それに併せて税申告に必要な書類の簡略などを検討し、確実な納税に結びつける環境を整備する方針だ。


なるほど~簡単になってくれるなら、願ったり叶ったりウホね

ちょっと極端な言い方をさせてもらえば、「別に脱税しようとは思ってないから、そっちでカチっと計算して必要な金額を明示してくれよ」って思う事はありますw

あ~それメッチャ思うウホw

ちゃんと税金を納める為に、時間と手間が必要になるのは…仕方がない事なんですけど、もっと便利な仕組みって無いのかな?と感じます。

ぶっちゃけ税金関連って、仮想通貨の普及にかなり影響あるウホね?

ですね。
おそらく大多数のユーザーは、キチンと税金を納めようと思っているはずです。
申告の簡略化はもちろんとして、誰もがパッと理解できるような税制も期待したいところです。

税率の方も頼むウホよ!

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.sankeibiz.jp


スポンサーリンク

コメントを残す