警察庁・仮想通貨取引を効率的に追跡するソフトウェア導入へ

警察庁・仮想通貨取引を効率的に追跡するソフトウェア導入へ

警察庁は、仮想通貨に関連したマネーロンダリングやサイバー犯罪の捜査を目的とした、仮想通貨の取引履歴追跡システムの導入を来年度に向けて進めている。

膨大な取引履歴を可視化

日経新聞など、複数メディアの報道によればこのシステムの導入によって、ビットコインなどの仮想通貨の膨大な取引履歴の中から、犯罪やマネーロンダリング捜査に関連する取引だけを抽出して可視化する事で、効率的な捜査が可能になるという。

ホホー!怪しい取引とか、条件に当てはまるのをピックアップしてくれたりみたいな?

警察庁では、民間企業が開発したこのソフトウェアを来年度から警視庁や大阪府警など全国の警察に導入し、利用できるようにする方針だ。

ただ、報道によれば、このシステムが対応する通貨は”ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨に限られる“、と報じられている。


えぇ…何種類対応だかわからんけど、これ機能するウホ?

今の時点では詳細な情報はわかりませんし、何とも言えませんが、少なくても将来的には日本の取引所で扱っている通貨を全てカバーするくらいになるんじゃないでしょうか?

むしろ今までどうやって捜査してたのか気になるウホw

それは確かにw
マネロンや犯罪防止は非常に重要なのは理解してるんですが、個人的には、もっと一般ユーザーに身近な部分も目に見える形で頑張ってほしいと思ってます。

一般のライトなユーザーは「脱税するほど儲かってねーから!」っていうのが正直なところじゃないかと。

ゴリはマネロン対策も大事だけど、クッソみたいな「詐欺ICO?判別システム」とかに予算ぶち込んで作ってほしいウホォ

ですね。
「これそもそもトークン本当に発行してる?」レベルの金集めは全力で駆逐して欲しいですね!

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.nikkei.com
www3.nhk.or.jp


スポンサーリンク

コメントを残す