ノルウェーのマイニング企業が「爆破予告」を受ける

マイニング企業が「爆破予告」を受ける

ノルウェーのマイニング・データセンター運営企業〔Kryptovault〕は、マイニング機器から発生する騒音を理由に『爆破予告』を受けたと報じられている。

Kryptovaultは、現在ノルウェー国内3地域(Follum、Honefuss、Dale)で運営を行っている。
Yahoo!ファイナンスの記事によれば、地元メディアがKryptovaultの企業活動を報じた後、爆破予告を受けたと報告している。

報じられている脅迫文の内容

『マイニング事業を拡大し騒音で国を満たすなら、それは平和を破壊する事に繋がるだろう。私はあなたに爆発物を送ることで脅迫する』

近隣住民との騒音問題

Kryptovaultのマネージングディレクター、Gjermund Hagesaeter氏は、同社がこの脅威を直ちに警察に届け、「脅威は警察に報告されており、これらもまた問題全体を真剣に受け止めている。また、警察にさらなる措置を講じる必要があるかどうかを評価するよう頼んだ」と語っている。

Kryptovaultと地元住民の騒音に関する問題は、今年6月にも地元メディアによって報じられている。
同社は住民との協議会を開き、騒音軽減の為に静音ファンの設置などを含め、検討を行っていた。


ホハー、こういう爆破予告するようなヤツって最終的にどうしたいと思ってるウホォ

さぁ…そこまで考えてないんじゃないかと。
騒音被害に悩んでいる人がいるとしても、対処を考えるのは企業や行政じゃないかと思います。
明らかに定められた数値を超えた音量なのであれば、それこそ「おまわりさーん!」って話でしょうし。

不謹慎かもしれんけど、爆破予告受けるくらいマイニングも認知されてきたウホねw

ある意味、マイニングや仮想通貨を耳にする機会が増えたことで、「マイニングが自然破壊にぃぃぃ!」という意見は今後もっと増えてくると思います。
個人的には…そこで生まれる雇用や税収なども計りにかけてから考える事が大事じゃないかなと。

バランスが大事ウホッ♪

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.coindesk.com
sg.finance.yahoo.com


スポンサーリンク

コメントを残す