北朝鮮・サイバー攻撃で奪った仮想通貨は5億ドル以上

北朝鮮・サイバー攻撃で奪った仮想通貨は5億ドル以上

日経アジアレビューの報道によると、国連安全保障理事会、北朝鮮制裁委員会*専門家パネルが月内にも公表予定の報告書では、北朝鮮はサイバー攻撃とブロックチェーン技術を使って約6億7000万ドルの外貨と仮想通貨を入手したと報告している。

※専門家パネル→専門家グループ・委員会などの意味

アジアの仮想通貨交換業者に5回の攻撃

このうち、北朝鮮のサイバー攻撃による仮想通貨の不正入手は推計で5億7100万ドル

2017年1月~2018年9月にかけて、日本や韓国のアジアの仮想通貨交換業者に対して5回の攻撃を成功させたとしている。

日経新聞の報道では、報告書に添付された資料では2018年1月の「コインチェック」のNEM流出についても、北朝鮮ハッカー集団の攻撃によるものとして含められているという。

制裁回避に仮想通貨はねらい目?

報告書では仮想通貨を狙ったサイバー攻撃について、国家間の規制環境も他の外貨に比較して緩く、追跡が難しいなどの点が強調されており、「制裁を回避するためのより多くの方法を朝鮮民主主義人民共和国に提供する」と言及されている。

この他にも、北朝鮮が制裁逃れを目的として、石炭や石油などの積み荷を海上で船から船に移す『瀬取り(セドリ)』が2018年に大幅に増加した事なども指摘している。

瀬取り現場を発見されても「人道的な救助活動」とかで言い逃れするから、困ったもんウホねぇ

専門家パネルは、安全保障理事会の制裁委員会に、北朝鮮の核および弾道ミサイル計画は「無傷のままである」と報告した。



仮想通貨が恰好の獲物にされてるのがムカつくウホォ…

たしかに。でも単純な疑問なんですけど、どうして仮想通貨が制裁回避の手段として標的にされるのか管理人は少し疑問に思うのです。
「匿名性が~」との話は良く耳にしますが、それって他の外貨に比べて本当に飛びぬけてるんですかね?

現ナマで入手するより簡単だから…みたいな?

素人考えではあるんですけど、現金をかき集めて入手されるより、仮想通貨の方がよっぽど追跡できるんじゃないのかなぁ…と思うんですが違うんですかね?
不正入手した仮想通貨は当然ながら、数限りなくロンダリングやら洗濯やらされるんでしょうけど…追っている側も紙とペンで手作業してるわけじゃないでしょうし。

…あ~、むしろ把握できてない他の外貨とかも大量にありそうウホ

そうそう。ちょっと意地悪なニュースの見方にはなってしまいますけどね。
実はいわゆる”外貨”の方が、北朝鮮への送金手段として方法が洗練されていて、大量に流れているんじゃないのかな~と思ったりします。

ある意味、今回のニュースのように「北朝鮮のサイバー攻撃が原因っぽい」と追跡出来ているのであれば、あとは”対応の問題じゃね?”と感じました。
盗難を100%根絶するのは難しいでしょうし、盗難防止も重要ですが、ドロボーしたヤツをどうやってボコボコにするかも大事なんじゃないかと。

仮想通貨が〇〇だから~って話もわかるけど、まずは盗んだヤツをしっかりボコれ!ウホ!

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
asia.nikkei.com


スポンサーリンク

コメントを残す