Nano walletを作ろう!

最近の管理人は小銭をNEM/XEM(ネム。以下NEM)に充てています。
1枚20~25円なので手軽に買えちゃうんですよねw

だって、ビットコイン高いじゃんww
気軽に枚数増やせるNEMって何だかお得感。(管理人の勝手な感想です。)

ちなみに日本円でNEMを買うなら、手数料を考えるとZAIFがオススメ。

■ZAIF登録方法

■ZAIFでnemを買う方法

NEMはNano walletで保管してくださいとのこと

オフィシャルではそのようにアナウンスされているので、登録方法を紹介したいと思います。

突然取引所がなくなりました!って心配はあまりないですが、動かさないNEMはNano walletに入れておいたほうが良いのかもしれませんね。

最新版も日本語対応になっているので、languageから日本語を選びましょう。

PC版から先に登録し、PC版とスマホ版の両方を紐付けておくことを強くオススメします。

PC版

早速Nano walletをダウンロード

オフィシャルサイトからOSを選んでダウンロードします。

同じページからアプリもダウンロードできるので、ついでにスマホを選択してダウンロードしておくと良いですね。

ダウンロードが済んだらインストール。

インストールの仕方は、ZIPファイルを解凍してから、それっぽいファイルを探してください。
今のバージョン(1.4.13)だと「NanoWallet.exe」ファイルから。

登録しましょう

こんな感じにアプリケーションが開くので「SingUp」から登録していきます。

こんな感じで入力します。

入力後に「Create simple wallet」をクリックすると「Show raw wallet file」「Show private key」なんて出てきます。
それから、自動的に「ウォレット名.wlt」というファイルがダウンロードされます。

どういうことかというとウォレットのふっかつの呪文ですね。
これは死ぬほど大事なので、クラウド等に絶対に保管しておきましょう。

スマホ版

アプリのダウンロードはPCと同様に公式サイトから。
インストールも登録もさほど難しいものではないのですが、安全面からPC版を登録してからの方が良いと思います。

PCを先に登録している人は

アプリのダウンロード後にPC版を立ち上げて「アカウント」→「QRコードで共有」を選び、出されたQRコードをアプリで読み込めば完了です。

マメ知識

日本人はとても平和な生き物です。僕はそんな日本を愛しています。
しかし、悪く言えば危機感があんまりありません。

スマホだけでいいやん」と思うアナタは少し危険。

スマホを紛失することで、あなたのウォレットも落とすことになります。
アイパスをデバイスに記憶させていてサッパリわからん!となると、全てが終わります。
機種変でうっかりウォレットを失う猛者まで存在します。

30後半~の世代によく見られる傾向なので、要注意なのです。

PCとスマホ両方で紐付けて、さらに重要なwlt等のデータはドロップボックス等のクラウドに保管しておくことをオススメします。

最初は面倒ですけど、すぐに慣れますよ。


スポンサーリンク

Nano walletを作ろう!” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す