送金アプリ MoneyTap(マネータップ)がサービス開始!

MoneyTap(マネータップ)がサービス開始!

10月4日、SBI Ripple Asiaが事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」は、送金アプリMoneyTap/マネータップ》のサービスを開始しました。

MoneyTap/マネータップ

このアプリは、Ripple社のソリューション「xCurrent」を利用した送金アプリで、銀行口座から銀行口座への直接送金、即着金を実現しています。
利用者は24時間365日いつでも直接送金を行う事ができます。

WEBサイトによると、マネータップはiOS・Android両方のデバイスで利用可能で、ダウンロードや登録は無料。
口座番号だけではなく、QRコード・電話番号からも送金が可能、デバイスの生体認証機能と組み合わせることで、ユーザーの利便性とセキュリティの両立を図っている。

現時点では、「住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行」の口座間で送金を行うことが可能で、所定範囲内であれば振込手数料は無料で利用でき、対応銀行は順次増加していく予定だと説明されている。

《※引用元→support.moneytap.jp



関連ページまとめ

moneytap公式

住信SBIネット銀行プレスリリース

SBI Ripple Asia CEO:沖田 貴史氏Twitter

早速ダウンロードしてみたよ!

珍しく仕事が早い!それで使ってみてどんな感じウホ!?

…対応している3行の銀行口座を持っていないので登録画面から先に進めず、涙を浮かべながらアプリを閉じました(´;ω;`)

この管理人、マジ使えねぇウホォォォ!

いやまぁ返す言葉も無いんですが、ある意味で対応する銀行の増加がこのアプリにとって重要な部分じゃないかと思います。
Twitterなどで実際に使ってみた人の意見を見ると、称賛する意見が大多数だったように感じました。

24時間振込可能で即着金、手数料も無料とくれば言う事なしですもんね。

なるほど~後は今後の拡大待ちって感じするウホ♪

いわゆるメガバンクが対応すれば一気に普及するかもしれませんね!
個人的に興味がある部分として、沖田 貴史氏のこのツイートです。

へー!マネータップは無料アプリだし、小さい店でもキャッシュレス決済導入みたいな?

ですです。そういう使い道もあるのか~と思いました。
先日記事にした「キャッシュレス推進」との兼ね合いによっては大きな支持を受けそうだな~って。

クレカ決済は使う側にとっては便利で手軽ですけど、店側にとっては手数料がネックですからね。

あ~ゴリが行く大人のお店も現金払いの方が歓迎されるウホォ

…あえてツッコミませんが、大人のお店や”いわゆる水商売”なんかは、カード会社に持っていかれる手数料が高くてバカになりませんからね。
他のキャッシュレスサービスについても、職種によってはそもそも不可だったり、決済手数料・導入コストの問題もあります。

そういう面から考えると…マネータップはすごい優秀なんじゃないかと思ってます。

まだ開始ほやほやだからアレだけど、今後めっちゃ期待できそうウホ!

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
www.sbigroup.co.jp
moneytap.jp


スポンサーリンク

コメントを残す