取引金額に上限を設ける方針、業界団体が自主規制

取引金額に上限・業界団体が自主規制

時事通信(jiji.com)の報道によると、業界団体〔日本仮想通貨交換業協会〕は、利用者の取引金額に上限を設ける方針を固めた。

利用者保護が目的

この方針は同協会の自主規制ルールとして制定され、資産の少ない利用者が仮想通貨取引によって多額の損失を出し、生活が破綻する事を防ぐのが主な目的だ。
限度額の制定については、現時点で2つの案があり、業者がどちらかを選択する。

①一律に設定(資産が少ない顧客も安全に取引できる金額で)

その取引所の顧客全員が同じ上限でやるって話ウホ?

②個別に設定(年齢・資産・投資経験・所得などに応じて個別に)

…取引所に自分の資産や収入証明しろって話ウホ??

限度額に達した場合には、取引の一時停止などの対応をする予定だ。
同協会は近く決定した上で、金融庁に対し改正資金決済法に基づく自主規制団体の認定を申請すると報じられている。


上限って必要?

スマホゲームの課金制限みたいウホォw

スマホゲームは子供もプレイするので納得ですが、仮想通貨取引は、いい大人が自分の財布で行うものです。
正直な感想を言わせてもらえれば、「いくらなんでも過保護じゃね?」という印象です。

いい大人相手にこんな制限を設けなきゃいけないくらい「危険な取引」なんですかねぇ?

もし制限ができても、取引所2~3件ハシゴすれば解決ウホw

まだ正式に決まったわけじゃないでしょうし、途中段階とはいえ、なんとも微妙な印象です。
まさかとは思いますが…大半の取引所が「②個別に設定」を選択して、『資産や収入は自己申告でOKだからネッ♪』とかなりませんよね?

そんなレベルだったら、やらんほうがマシウホ!

具体的に何を制限するんでしょうね。
入金額なのか、それとも取引を行った結果、制限値以上の損失が出たら一時停止なのか…報道からは詳細を掴めなかったので続報待ちになりそうです。

別に悪い事するわけじゃないんだから、自分で稼いだ金くらい好きに使わせろウホ!

管理人としては、FXがツルツル滑りまくるとか、大きな値動きがあって需要が集中する時に、まともに注文できないとか、そういう事が影響して起こる多額の損失を防ぐ方向に、労力を使って欲しいなぁと思いました!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.jiji.com


スポンサーリンク

コメントを残す