Lightning Network Wallet Zapがベータリリースを開始

ソフトウェア開発者Jack Mallers氏は、「Zap」と呼ばれるLightning Networkで強化されたビットコインウォレットのベータ版をリリースしました。

Bitcoinの流通を願いLightning Network Wallet Zapがベータリリースを開始

多数の開発者と組織が、Lightning Network(LN)のための実用的なソリューションを構築しようとしています。

LNプロトコルは、理論的にはビットコイン取引をはるかに迅速かつ安価にすることができる共有の支払いチャネルのネットワークを作成を意味します。

開発者のMallers氏によると、LNはかなり流行語になっており、彼のプロジェクトは投資家や潜在的なビジネスパートナーから注目を集めていますが、彼はこれを拒否しあくまでビットコインの流通と繁栄のために、これらの企業からのオファーを断っているという。

「人々と企業がLightning Networkを使用して現在の送金に伴う遅延問題を解決し、ビットコインが正しく流通してくれれば良いと思います。」

とMaller’s Zapの発表ポストは説明しています。

「コミュニティがオープンソースのLN UIを持っていて、単にユーザーに利益をもたらすだけのインセンティブ以外のインセンティブがないなら、素晴らしいものだと思う」

ビットコインがより消費者に触れる機会が増加するのと思うので、美しいインターフェイスと優れたエクスペリエンスを提供することに専念しています。

Zapは完全オープンソースになるとのことです。

 


スポンサーリンク

コメントを残す