韓国ブロックチェーン協会・取引所の審査結果を発表、審査基準に疑問の声も

韓国ブロックチェーン協会・取引所の審査結果を発表

韓国ブロックチェーン協会(KBA)は、国内12ヶ所の仮想通貨取引所に対し、取引の安全性とセキュリティに関する社内検査を実施しました。
検査結果を報告する記者会見では、最近のハッキング被害を受けたBithumb等も含め、12ヶ所の取引所全てが『自主規制基準を通過した』と発表した。

審査基準に疑問の声

韓国メディア〔koreatimes〕の報道によると、KBA会長Jeon Ha-jin氏は、「今回の検査は、12の取引所の絶対的な安全を保証するものではない」と語り、一部の業界関係者からは、KBAの検査方針を疑問視する意見があるという。

koreatimesは、記者会見の発表を以下のように評している。

12の取引所が運転の最低要件を満たしていることを示しています。それは運転免許証のようなものです。彼らが良い運転手であるかどうかを判断するのは難しいです。

まさか…実は初心者マークついてたりしないウホね?


セキュリティ面についても…

KBAは、各仮想通貨取引所のセキュリティに関する評価スコアを開示しておらず、疑念が指摘されている。

KBAは開示を行わない理由について、「セキュリティの弱いファイアウォールを持つ取引所で、今後別のサイバー攻撃を引き起こすキッカケになる」と説明している。

複数の地元メディアからは、KBAの今回の発表に対し、最近相次いで仮想通貨取引サイトハッキング事故が発生しているのに、全ての取引所が審査を通過しており、検査に実効性が無いと指摘する声があがっている。


たしかにKBAの検査に合格しました!って発表したいだけのように感じられるウホ

まぁ…商売として取引所を運営する企業の集まりですからね。
ココの取引所はダメでした!なんて発表は全体への影響も考えると難しいのかもしれません。

あえて言うけど、これって「他の国の話」って流しちゃダメウホね?

たしかにその通りです。自主規制団体をいくつ設立しても、結局取引所への「ダメ出し」は金融庁からという形では、あまり機能してない印象になってしまいますもんね。

しっかし、この発表って12ヶ所の中に、セキュリティ弱いとこあるって公言してるようなもんウホォ

翻訳の関係でちょっと違うニュアンスになってるのかもしれませんが、額面通り受け止めると…12ヶ所を総当たりすれば弱いところあるって捉えられかねませんよねw
韓国は取引量も多い国ですから、早くユーザーが安心して取引できる環境が整備されるといいですね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
koreatimes.co.kr
news.mt.co.kr


スポンサーリンク

コメントを残す