Jコインって流行りますかねえ

海外のビットコイン関連のニュースサイトを見ていると、アジアのニュースが大人気ですねえ。
中でも日本の仮想通貨への取り組みは高く評価されているようで、注目が集まっています。

「死なない為に機敏に動く銀行」と「若干追いついていない感のある国政」の図ような気もするのですが、実際のところはどうなんでしょうか。

日本は現金主義なので、中々浸透しないかもしれませんが数多くの試みがあるようです。

ところで「Jコイン」って何ですか?

日本円と全く同じ価値を持つコイン。1円=1jコイン。
あれ?何か似たようなのあったよね?

Sコイン?MUFGコイン?あとなんかあったっけ。ZENとかいうのもあったような。

ええい!面倒だ!一つにしてしまえ!

と思ってしまうのは、ユーザーとしては当たり前なのかもしれません。
仮想通貨の覇権をかけて、各機関がシノギを削っているのでしょう。


あったら便利なんじゃないかな

「ポイントカードかよw」とか「スイカじゃねぇかw」なんて意見が言われているようです。かく言う私も「意味あるの?」なんて実は思っていました。

投資物として見るからそう思うだけであって、狙いはそうじゃないんですよね。

ブロックチェーンの技術を使った単純な会計ツール

それ以上でもそれ以下でも無いんですね。

国内の銀行送金とかめっちゃ便利じゃね?

このような通貨が流通することで、銀行を介すことなく簡単に先方に送れるということですね。

正確には銀行を介するのかもしれませんが、キャッシュフローの監視が不要+透明化された会計ツールなので「15時までに送金しないと間に合わない!」とか「正月はお金おろせない!」なんてことが無くなるわけです。

既にジャパンネット銀行のようなネットバンクでは、上のようなトラブル自体がありませんが、キャッシュレスで決済できるという点に大きなメリットがあります。

つまりはこういうことでしょうか

送受金が瞬間的に可能なモバイルスイカ。手数料もバカ安。ネット決済も可!

例えが変かもしれませんが、確かにこれは便利だわ。

上手く整備されて利用者の理解を得ることが出来れば、モデルケースになりそうですね。
オリンピックには流通させる狙いなんだそうで、是非頑張ってもらいたいです。


スポンサーリンク

コメントを残す