イランではBTCが超プレミア価格

イランではBTCが超プレミア価格

イランのBTC価格は、最近の政府によるマイニング事業の受け入れ方針、現地通貨の急落などの影響で取引価格が急激に上昇し、現地では24,000ドル相当の最高値を記録した。

ウハッ!!世界平均の3倍ぐらいウホッ!?


複数の要因が影響か

イランで最高値を記録したビットコイン価格の背景には、アメリカの経済制裁、高い外貨需要、数日前の政府によるマイニング事業受け入れによる仮想通貨への期待感の高まりが影響していると推測される。

現地の取引プラットフォームEXIRの報告によれば、ビットコイン価格が1BTCあたり24,000ドル相当を超え、最近の世界平均を大きく超える現地価格となった。


ウホォ…つまりはそれだけ自国の経済がヤバイって話ウホね?

事業としてのマイニング受け入れに関しては、法律などの最終決定は発効されていないものの、肯定的な方針が当局から示されたと現地メディアが報じています。
その他にも、経済制裁を迂回する手段として、国主導の仮想通貨についてもプロジェクトが進められているなどの報道もあります。

ホヘー、それにしてもプレミアつきすぎじゃないウホ?

管理人もイランについてまるっきり知識がないのでザックリ調べてみました。(※ガバガバなので参考程度にお願いします)
まずは現地通貨が超不安定。
んで、外貨と交換する通貨レートも「公式・非公式で2種類」あって…

は?ちょっと何言ってるかわからんウホよ!

管理人もよくわからないんですが、イランの人のインタビューを見たら、非公式レートがメインだそうです。
数字並べてもややこしくなるので簡単に言うと、公式レートの3~4倍の現地通貨を積まないと外貨が手に入らないという話のようです。

一応聞くけど、国外取引所とかで…

経済制裁の影響で、主要取引所はアクセスを遮断していたりしますし、何よりイランの通貨では受け入れていないわけです。
そうなると必然的に外貨が必要になって…非公式レートでの交換が必須になる…と。

フォー!「お金」の周りの環境って国によってそこまで違うウホね

日本円を使っている私達からしたら想像できませんよね。
この超プレミア価格も、この複雑なイランの経済状況があってのものなのでしょう。

世界で使える仮想通貨も、国の状況でこんだけ違いあるウホね

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
coingape.com
www.coindesk.com


スポンサーリンク

コメントを残す