ICOって何ですか?

中国でICO全面禁止!ってことでニュースになってますが、ICOって何ですかね?

ICO=トークンセール

その前にトークンって何?って人は以下の記事からお読みください。

ICO(トークンセール)というのは、仮想通貨を用いた資金調達のことです。

目的は資金調達です

新たなプロジェクトのため、資金が必要です。

資金調達のためトークン(仮想通貨)を作ったので、トークンを買ってください。

特別なリターンは無いかもしれませんが、持っていることで優遇されることもありますし、トークンの価値が上がれば、貴方はトークンを売ることで利益を得ることが出来ます。

ただし、失敗する場合もあります。
その場合貴方がもっているトークンは、換金も何もできない価値もなさないモノとなる可能性もあります。


ベンチャーキャピタルや、銀行借入れはお払い箱?

今までは「一握りの有望なベンチャー企業に、一人握りの人間しか投資が出来なかった」

これが従来の形式でしたが、ICOの登場により様々な人が様々なベンチャーに投資が出来るようになった。ということになりますね。

これは革命的で素晴らしい資金調達の方法ですね。
企画者は負担を少なく、安心して製品やサービスの開発に取り組むことができます。

実際に3時間で167億円を調達したプロジェクトもあります。

いい事だらけだと思うじゃん?

それなら、中国だってICOを規制したりしませんよね。

まずは法整備が追いついていません

中国の今回の規制は半ば強引でしたが、こうでもしないと収集が付かなかったんでしょうねえ。
日本に至ってはまだまだこれからですが、Comosaはとても楽しみなのです。

お金が集まるところには、詐欺もあり

これは世の常です。中国が規制に踏み切った原因の一つでもあります。

「みんなー、これから凄いプロジェクトするよ!トークン買ってください!」で資金調達してから、何もしないでトンズラ。逃げるんだよォォ!ジョセフもビックリです。

プロジェクトが成功するかどうか、保証なんてどこにもありません

プロジェクトが大成功し、貴方が買った特定のトークンの価値が何100倍!なんて凄いことになる可能性もあります。が、失敗する可能性も大いにあります。

中でも有望なプロジェクトを探し当て、ドブにお金を捨てるつもりで生暖かくプロジェクトを見守れる人じゃなければ、やらない方がいいでしょう。

ICOのまとめ

今後のベンチャーにとって、とても画期的で素晴らしい資金集めになります。
しかし投資側としてはハイリスク・ハイリターンです。詐欺に遭ってしまう場合もあります。
貴方が発行会社の理念に共感し、応援したいと思えばトークンを買えば良いと思います。

単純に「仮想通貨に触れてみたい」とか「投資してみたい」という人は、普通にメジャーな取引所でメジャーなアルトコイン買えばいいんじゃないですかね!


スポンサーリンク

ICOって何ですか?” に対して 7 件のコメントがあります

コメントを残す