スコットランドの病院が仮想通貨取引中毒の治療プログラムを開始

仮想通貨中毒

スコットランドの中毒治療施設、キャッスルクレイグ病院(Castle Craig Hospital)は、《仮想通貨取引の中毒者》を支援する治療プログラムを開始しています。

病院は、グループ療法を含むギャンブル中毒者と同じような治療法の多くを患者に提供する。参加者は一緒に座って、彼らを現在の状況に導いた経験を共有します。

同病院のセラピスト:Christopher Burn氏

「リスクと価格変動性の高い仮想通貨市場は、ギャンブラーにとって魅力的です」
「それは興奮と現実からの脱出を提供します。例えば、Bitcoinは激しく取引されており、大きな利益と損失が生じています。これは古典的なバブルの状況です」

専門家によると、ビットコインなどのデジタル通貨や取引は、オンラインギャンブルに類似した行動中毒になる可能性があり、一部のユーザーは刻々と変化する価格を追い続けています。

キャッスルクレイグ病院では、WEBサイト上に10個の設問を用意し「YES」の回答が5個を超えると中毒の可能性があるとしています。

当然ながら反対の意見も

ブロックチェーンのスタートアップVelix.IDのCEO:Manav Singhal氏は、病院側が主張する定期的な損失は、投資プロセスの自然な部分に過ぎないと語っています。
「利益と損失は取引の一部に過ぎず、他の種類の証券を取引することと変わらない」
「ギャンブル中毒者が仮想通貨取引を選ぶこともあるだろう、しかし、それはトレーダーの大部分が中毒である事を意味するものではありません。市場は早いスピードで変化しており、仮想通貨を頻繁に取引する理由はたくさんある」

おっしゃる通りウホw


ギャンブル中毒や依存症ってどうなん?

ウハァ…中毒って怖いウホねぇ(棒)

管理人は個人的に「ギャンブル依存症」に関しては少し否定的です。
リスクをとって投資を行うのは自営や会社組織でも同じ事ですし…どうにもこういう話は商売の匂いを感じてしまうんですよねぇ。

あ~言われてみればお金の動くものって「依存症」的な話をよく聞くウホね

別にその人の資産であったり、借りられる範囲でのギャンブルであれば、好きにすればいいと思うんですよね。
勝ったら儲かった!負けたら依存症だから…』という形で言い訳を用意してあげるのは、さすがに微妙な感じがします。

そういやここ何年かで急にギャンブル依存症って聞くようになった気がするウホ

ですね。そもそもギャンブルって100回やって100回勝利できるものじゃないんだから、負けた時に「自分以外の何か」に理由を求めるのは…ちょっとナンセンスじゃないかと思います。

管理人のくせにめっちゃストイックな意見ウホw

うーんw管理人はそれなりに長い時間をギャンブルと呼ばれるものに使ってきたのでw
投資にしろギャンブルにしろ、誰もが羨むような結果を手にしている人は…相応の手間や労力を使っているとは思いますよ。それを表に出すかどうかは別として。

生きることはギャンブルの繰り返しである byゴリ

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
castlecraig.co.uk
bitcoinmagazine.com


スポンサーリンク

コメントを残す