Google・ICO関連の広告に制限?

ICO関連の広告に制限?

ICO活動を行ういくつかの企業の報告によると、GoogleはICOに関連した広告の表示について制限を行っている可能性が高いという。


あるICOマーケティング会社は、IT関連のウェブサイト〔financemagnates.com〕にGoogle広告関連のバランスシートを提供し、広告のパフォーマンスが大幅に低下した事を報告しています。

バランスシートでは、Googleへの広告掲載窓口であるGoogle Adwordsに申し込みを行った広告のクリック数が、わずか2日間で99%削減された事を表しています。

同社はGoogle Adwordsに申請した広告の承認が今までより限定的になり、それと同時にパフォーマンスの低下が発生したと主張している。

ホハー 要は今まで審査通ってたICO関連の広告が、審査落ちになることが増えたって話ウホね?

ですね。ただ、現状ではあくまでも匿名のICOマーケティング会社からの報告』だという点を特記しておきます。


仮想通貨・ICO関連の広告が消える日も近い?

現状、Googleでは仮想通貨やICOに関する特別なポリシーの変更等は正式に行われていませんが、ある企業は、ICO関連の広告を掲載するとAdwordアカウントが停止され、関連するキャンペーンが中止されたと主張しています。

アメリカ・カナダなどの規制当局からは、Googleに対し、ICO関連の広告掲載を禁止するよう要望が届けられていると言われている。

最近では、Facebookが仮想通貨関連の広告を禁止する措置をとっており、Googleは今後同様の経路に従った運営を行う可能性は十分にあるだろう。


なるほど~言われてみればICO関係の広告減った気がするウホ

単にコンテンツとしてICOへの関心が低下したから広告も減ったのかな~と思っていましたが、配信側での制限があった可能性もある…と。

まぁ現状では『匿名情報』の形ではありますが、先々にICO関連は全面禁止とかも全然ありそうですね。

サイト運営してる側からしたら、変な広告はガンガン停めてほしいウホね

ですね、あからさまに怪しい広告は見かける度に配信をブロックしてるんですが、数日後には違うドメインから復活していたりするのでイタチごっこですし。

怪しいのを停めてくれるのはありがたいんですが、ちょっと心配に思う点は〔仮想通貨とトークンの境界線〕はどこだろう?という部分です。

あっ…それ確かに難しい気がするウホ(汗)

初期コインオファリング(ICO)を「通貨の新発行」と定義しちゃうと…仮想通貨に関連するようなもの全てが広告掲載できないとか、そういう話になったりしないのかな?と思って。

管理人としては、良くも悪くも多くの人達が、広告を見かける⇒興味を持つ⇒関連する情報がネット上に蓄積される⇒その情報から判断する。

という図式もあると思うので、難しいところだと思うんですよね。

あ~確かに広告がキッカケで知ったICOとかもあるウホ

まぁ、こればかりはGoogle先生の判断次第なので、管理人やゴリさんが心配しても仕方がないんですけどねw

もしできるなら…個々の広告主の信頼性を数値化して、ゴミみたいなところや悪質なのだけ弾いてくれたらいいなぁと思ってますw

ICOの前に『1年で億稼いだ』とかの広告をフルボッコしてほしいウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.financemagnates.com
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す