Google・chromeブラウザ拡張機能でのマイニングを禁止

chrome拡張機能でのマイニング禁止

4月2日、Googleは、chromeブラウザの拡張機能販売プラットフォーム「Chrome Web Store」から、全ての仮想通貨マイニングプログラムを禁止すると発表しました。

登録申請の9割がポリシー非準拠

これまでの〔Chrome Web Store〕では、*単一目的の拡張機能である限り、仮想通貨マイニングが許可されており、利用者には動作について十分な情報が提供されています。

※単一目的→拡張機能の目的がハッキリしている、誰が見ても「マイニングをする為の拡張機能」とわかること。

陰でコッソリ動くようなのは元々ダメウホ!

しかし、開発者が〔Chrome Web Store〕にアップロードしようとした拡張機能の約90%が、ポリシー(規約・ガイドライン)に準拠しておらず、Google側から拒否または削除等の対応が行われています。

悪意あるかはともかく、ユーザーにわかりづらい形でマイニング機能を持ってるってことウホね


ブロックチェーン技術関連は引き続き許可

これらの現状から、4月2日以降〔Chrome Web Store〕では、仮想通貨マイニング機能を持つ拡張機能の登録を禁止し、既存のものは6月下旬に〔Chrome Web Store〕から上書きされるとのこと。
マイニング以外の目的を持つ、ブロックチェーン技術関連などの拡張機能は引き続き許可されるとしている。

拡張プラットフォーム製品管理者:James Wagner氏

このポリシーは、Chromeユーザーが隠されたリスクにさらされることなく、拡張機能のメリットを享受できるようにする1つのステップであると述べている。


ウホー 要はうさんくさいのが大半だから、全禁止って感じウホねぇ

まぁ…管理人のようにマイニングを自分の意志で行っている人は、専用プログラムをダウンロードして使っているのが大半だから影響は少ないのかもしれませんが、Google様が全禁止って言うと…印象的にズシっときますねw

結局は隠れてコッソリ動くやつで一気に印象悪くなったウホね

ですねぇ、当初は「広告収入にかわる新しい収益の形か?」なんて話題もありましたけど、今では完全にマルウェア的な扱いですからね。

ユーザーに告知なく勝手に動かしているのが大半だったので、それも仕方ないのかもしれません。

うーん…なんかうまく言えないけど、すっげーモヤモヤするウホ!

仮想通貨の全体的な印象への影響もありますからね。ゴリさんの言いたいこともわかります。

とはいえ、マイニングガチ層はそもそも専用ソフトを使いますし、普通のユーザーが知らずに拡張機能で変な物を入れてしまう事を考えたら、健全な対策とも言えるかもしれませんね。

そっかー マイナス面ばっかじゃないウホね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.ccn.com
blog.chromium.org


スポンサーリンク

コメントを残す