Google・仮想通貨、ICOなどの関連広告に対する制限をアナウンス

仮想通貨・ICOなどの関連広告に対する制限

検索エンジン最大手の〔Google〕は、仮想通貨・ICOなどに関連する広告の制限についてアナウンスを行いました。

スポンサーリンク

ポリシーの更新

数日前には、広告を利用するICO事業主らが急激なクリック率の低下など、Googleによる制限の可能性を示唆する報道がありました。

Googleは、「金融サービスに関するポリシー(広告の利用規約的なもの)」が2018年6月に更新され、仮想通貨および関連コンテンツと、他の金融商品への制限と配信停止を発表しました。

《引用元⇒support.google.com
差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングの宣伝が制限されるほか、次についての広告は配信できなくなります。

バイナリー オプションとその類似商品
暗号通貨および関連コンテンツ(イニシャル コイン オファリング、暗号通貨為替、暗号通貨ウォレット、暗号通貨売買に関するアドバイスを含むがこれに限定されない)


え…んじゃ今の段階じゃまだ制限してないウホ?

神様仏様Google様について語るのは非常に気が引けるんですが…今回だけに限らず、Googleのポリシーって色々とモヤっとしてる部分がありましてですね。

見てきた限りだと『ポリシーが6月に更新され』という表記なんですよね。
ある日から一斉に止まるというより、6月までに順次やっていくようなニュアンスじゃないでしょうか?

条件つきで許可も明記

《引用元⇒support.google.com
差金決済取引、ローリングスポット FX、金融スプレッド ベッティングを提供する広告主様が AdWords で宣伝するには、Google の承認が必要となります。この承認は、一部の国でのみ取得可能です。

承認を得るには?

・国の当局から認可を受ける
・関連する法的要件を遵守
・広告とリンク先のページがAdWords(Googleの広告申込先)ポリシーに準拠


んっと…取引所とかはワンチャンいけそうウホ?

冒頭の部分でバイナリーオプションと、暗号通貨および関連コンテンツは『配信できない』という前提があるので、おそらく無理なんじゃないかなぁ…と。

ただ、ポリシーは逐次更新されるので、今後なにか変更される可能性もあるかもしれませんね。


悪質な広告の増加

Googleでは、ポリシーの更新に関する発表と同時に、近年の「悪質な広告の増加」に触れています。

《引用元⇒blog.google

2017年には、広告掲載のポリシーに違反した32億件以上の広告が削除されました。それは毎秒100以上の悪い広告です!

その他にも、マルウェアを含むサイトに繋がる広告7900万件をブロックし、危険なサイト40万件を削除、不要なソフトウェアのインストールを勧める広告のブロック4800万件などを報告しています。


ホハー!1秒に100削除ってスゲーウホね!

全世界規模ですから当然なのかもしれませんが、2017年は悪質な広告の量が前年に比べて約2倍だそうです。

ネットを使う人全てが目にする機会のあるものですから、制限は仕方ない部分もあるかもしれませんねぇ。

ゴ…ゴリのバナナ代が無くなるウホォォォ

そんな大騒ぎするほどのバナナ代稼いでないでしょw
それはともかくとして、今後はICOなどを探すのもちょっと手間が増えるのかもしれませんね。
管理人はいままで、Googleで表示されるICO広告は割と気軽に踏んで見に行ってたんですけど、今後は自力で漁ることも増えそうです。

あ~ある意味Googleの広告審査通ってるから、安心感もある的なことウホ?

ですね。管理人はけっこうGoogle先生に信頼を寄せていますw

今後の動向にも引き続き注目ですね!

ウホッ!(`・ω・´)ゞ

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
blog.google
support.google.com
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す