GMO・マイニングマシン「GMOマイナー B2」の販売を開始

「GMOマイナー B2」の販売を開始

GMOインターネットは、仮想通貨マイニングマシン「GMOマイナー B2」の販売を開始し、仕様や販売価格を発表しました。
最先端の7nmプロセス技術によるマイニング用ASICを搭載したマイニングマシンの販売は、世界で初とのこと。

価格は約22万円

6月6日から機器の販売を開始し、価格は毎月の需要に応じて調整を行う。
6月発売分の価格は〔1,999ドル(約22万円)〕で、10月末から順次出荷を予定しており、出荷数は非公開。


コンパクトで高性能!

「GMOマイナー B2」のハッシュパワーは24TH/s(1秒間に24兆回のハッシュ計算が可能)であり、現在発売されている多くのマイニングマシンより高いパワーを搭載している。

他のマイニングマシンと比べて1TH/sあたりの消費電力は約20%の削減、設置スペースのコンパクト化、ネットワーク機器に必要なコストの削減など、多くの特徴を有している。

数字の話はわからんけど、すごそうウホ♪

IT系ニュースサイトの〔itmedia〕によると、GMOインターネットの熊谷正寿社長は以下のように語っている。

「ブロックチェーンは中国のマイニングハードウェア大手Bitmainが提供するマイニングマシンのみで運営されているような状況。ブロックチェーンの根底を支える分野に、モノづくりを得意とする日本企業が1社も参加できていない点に着目した」
「販売台数目標などの事業目標値はまだ設定していないが、売れない場合は自社のマイニング事業で活用するので、在庫リスクがないという点では非常に優れたビジネスだと思っている」

動画もあった

ウヒョー!この動画カッコいいウホォ!
GMOマイナー公式サイト

《※注意※》

GMOの名前を騙りマイニング機器を販売しようとする不審な「なりすまし」WEBサイトやFacebookなどが確認されているようです。
購入を検討する場合、情報を参照する場合には、URLを確認して公式サイトから!

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
www.gmo.jp
itmedia.co.jp


スポンサーリンク

コメントを残す