GMOコイン・リップル取り扱い開始

GMOコイン・リップル取り扱い開始

2017年11月29日から、GMOコインでリップルの取り扱いがスタートしました!

GMOコインは金融庁[仮想通貨交換事業者]にも登録されています。

ビットコインのFX・仮想通貨売買を行うことができ、管理人が個人的にお気に入りでよく使っています。

今回のリップル取り扱いスタートで、キャンペーン(追記⇒現在は終了)も行っているので、この機会に簡単に紹介してみようと思います!

GMOコインの特徴

手数料がとにかく安い!

皆さんが最初に仮想通貨を購入する時は、まず[日本円の入金]からスタートすると思います。

銀行振込・カード・ペイジー(Pay-easy)入金など、取引所ごとに様々な対応をしていますが、入金時の手数料はバカにならないですよね。

GMOの入金手数料は下のようになっています。

即時入金(Pay-easy)の手数料が無料なのは、大きなメリットだと思います。

画面がシンプルで使いやすい!

管理人がイチ押しに感じるメリットです。

個人的な感想ではありますが、管理人は今まで「仮想通貨の売買・取引ってスマホだとやりづらいなー」と感じる事が多かったです。

GMOコインの管理画面は、必要な情報がまとめられていて、売買の判断をする時にあちこち見に行かなくても決断できるという点が非常に気に入ってます。

ゴリの指でも操作しやすいウホ!
売買も簡単!

GMOコインは「仮想通貨販売所」です。

取引所」と「販売所」の違いについては、過去の記事でも紹介していますが、一般的には…

取引所⇒売買したいユーザー同士が価格を決めて取引する。
販売所⇒販売所が決めた価格でユーザーが売買する。

という形です。
メリット・デメリットは様々ですが、販売所は取引完了までが簡単で、スピードも速いという点が挙げられます。

一般的に販売所は、取引所に比べて「高くつく」のは確かですが、GMOコインは上で紹介した入金手数料や売買時のスプレッド(後述します)が優れており、特に今の時期は「リップル取り扱い開始キャンペーン」でスプレッドがさらに優遇されているので、狙い目だと言えるでしょう。

リップル欲しい人は、このキャンペーン狙いで使うのもアリウホね

キャンペーンでスプレッドが0.3円!?

結論から言うと、管理人の主観でリップルのスプレッドが「0.3円はかなり安い」です。

※注意⇒キャンペーンは既に終了

スプレッドってなんだ?

簡単に言うと「買う時・売る時の値段の差」です。

画像はGMOコインのリップル売買画面のものです。

売却価格と購入価格の差額が「ちょうど0.3円」ですね。

横文字だからもっと難しい話だと思ってたウホー

短期的なトレードで利益を出す事を考えた場合、スプレッドは非常に重要な数字です。

売却・購入の価格は、相場全体に合わせて常に変化しますから、スプレッドが小さいほど「売ったり買ったり」で利益を出しやすいわけです。

販売所は高くつく?
でも!ゴリは販売所って取引所より高くつくって聞いたウホよ!

一般的な意味で言えば、その認識は間違っていません。

取引所・販売所で『手数料?スプレッド?』などと混乱してしまうかもしれませんが、こう考えましょう。

スプレッド=手数料 です。

単純に仮想通貨を売買する時の差額をスプレッドとして認識してしまえば簡単だと思います。

大手取引所のコインチェックと比較してみよう

国内大手取引所であるコインチェックで調べてみました。

コインチェックは、[取引所]ですが、リップルの取引に関しては『販売形式』で行っています。

購入時28.3400円
売却時26.2840円

スプレッドは2.056円です。

価格は数秒ごとに変化するので、若干の差異はあるかもしれませんが、約2円と考えてもGMOコインのスプレッドが非常に安いという事がわかります。

キャンペーンでスプレッドが安い…という事は?

ザックリ言えば、『売ったり買ったりする時に払う手数料が少ない』と言えます。

短期的に売買を繰り返して、利益を狙いたい人には[0.3円]のスプレッドは魅力的ですね!

キャンペーンは2017年12月27日(水) 15:00までだそうです。

この機会にリップルを購入したい・トレードしたい人にはオススメできると思います!

GMOコインでリップルを購入してみる

実際に購入するまでを簡単にまとめてみます。

GMOコインは売買取引画面もシンプルで使いやすいので、初心者さんにもオススメできると思います。

①まずはGMOコインで口座開設

GMOコインHPリンク

登録手順に関してはコチラの記事で解説しているので、参考にしてください。

②購入に必要な日本円を入金
ペイジー(即時入金)が早くてオススメウホよ!

GMOコインにログイン後⇒入出金⇒日本円から、任意の入金方法を選んでください。

入金手順は簡単なので、画面に表示された指示に従えば迷う事はないと思います。

③いざリップル購入へ

※ここではPC画像を使って解説しています。

画面左側のトレード⇒仮想通貨現物売買⇒リップルを選択

ちなみに緑色で囲んだ[チャート]ボタンで、チャートを見る事ができます。

④取引画面を簡単解説

売却価格・購入価格→それぞれを選択した時に決済される価格です。数秒おきに価格が変化します。

金額指定(円)・数量指定(XRP)→「〇〇円分売買する」「〇〇XRP分売買する」どちらかを選択し、下にある入力欄に入力します。

+100,000~+500のボタン→任意のボタンを押すと入力した数値が増加します。

⑤数値を入力してみる

試しに「1,000円分売買する」前提で数値を入力してみます。

金額入力欄の下に[35XRP]の表示、売却・購入ボタンの上に金額が表示されました。

これは、1000円分で購入可能なXRPを示しています。

「1XRPあたり28.032円で、35XRP購入可能→合計金額は982円になりますよ」という表示です。

これならゴリでも簡単にわかるウホ!
⑥数量・価格を確認したら[購入]ボタンをポチ!

※注意点→価格・数量の指定を入力している時でも、相場は常に変化しています。

購入ボタンを押してから6秒間は、ボタン押下時のレートで取引できるので焦らずに!

慌てるとろくなこと無いから、しっかり確認して取引するウホ!

まとめ

GMOコインは簡単で使いやすいので初心者オススメ!

リップルを簡単に購入・取引するならキャンペーン中の今が狙い目だと思います。

販売所は、相場の急変時にも仮想通貨の売買ができるので、確保しておきましょう!

今回の記事は以上です。長い記事を読んでいただきありがとうございましたm(__)m

おつかれウホ!

スポンサーリンク

GMOコイン・リップル取り扱い開始” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す