GMOコイン・アルトコイン4種類のレバレッジ取引を開始

GMOコイン・アルトコイン4種類のレバレッジ取引を開始

GMOコイン株式会社は、2018年5月30日のプレスリリースで、同社が提供する「仮想通貨FX(レバレッジ取引)」に、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの銘柄追加を発表しました。

新たに4種類の追加

GMOコインの仮想通貨FXでは、以前から提供していたBTCの取引に加え、今回の4種類のアルトコイン取引の追加で全5種類のサービスを提供を開始します。

《画像引用元⇒prtimes.jp

レバレッジ取引とは?

自分の資産×レバレッジの倍率分で売買することです。以前の解説記事ですが良かったら参考にしてくださいね!

特に今までレバレッジ取引を行った経験が無い人は、ぜひ一度目を通してもらえればと思います。

ホッホー リップルとかもレバ取引できるの魅力的ウホね!

GMOの仮想通貨FXでは、「売り」から取引をスタートする事も出来るので、下落相場でも利益を狙えるのは良い点ですよね。
現物取引だと下落中は損切りで売るか、買い増しするタイミングを待つのがほとんどですし。

*スプレッドが良心的な数字ならアリかもウホ♪

※スプレッド→注文時の買い価格・売り価格の差。実質的な意味で言えば取引の手数料と考えて差し支えないと思います。

どのくらいから「安い」と感じるかは人それぞれの感覚でしょうけど、取引前にはスプレッドをしっかり確認しての取引を推奨します!

GMOコインを使ってみる

《登録解説記事リンク⇒GMOコインの登録方法

個人的な感想ではありますが、GMOコインは取引画面がシンプルで非常に使いやすいと感じます。

管理人は今まで「仮想通貨の売買・取引ってスマホだとやりづらいなー」と感じる事が多かったです。
GMOコインの管理画面は、必要な情報がまとめられていて、売買の判断をする時にあちこち見に行かなくても決断できるという点が気に入ってます。


スポンサーリンク

コメントを残す