G20・仮想通貨に対する見解

G20・仮想通貨に対する見解

アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスで開催されたG20〔財務相・中央銀行総裁会議〕は、共同声明を採択し、3月20日に閉幕しました。

仮想通貨への見解は?

採択された共同声明では、技術面の革新は認めつつ、仮想通貨を『*暗号資産』と表記し、様々なマイナス面について指摘されています。

※声明文では、Crypto Currencyではなく、〔Crypto Asset(暗号資産)〕という表現が用いられていました。

注意点は列挙しつつも、穏やかな印象

暗号資産を含む技術革新が、金融システムと経済の効率性と包括性をより広範に改善する』と前置きした上で、脱税・マネーロンダリング・テロ資金供与に利用される可能性を問題点として挙げ、暗号資産には*ソブリン通貨としての主要な属性が欠けており、ある時点では、財政の安定性に影響を及ぼす可能性があると評している。

※ソブリン通貨→「法定通貨・決済通貨」的な意味。


まずは規制よりも不正の監視が優先っぽい

我々は、暗号資産に適用される*FATF標準を実装することを約束し、これらの規格のFATFレビューを楽しみにし、FATFにグローバル実装を進めるよう呼びかけている。

私たちは、国際基準設定機関(SSBs)に、暗号資産とそのリスクの監督を任務に従って継続し、必要に応じて多国間の対応を評価するよう呼びかけます。

※FATF⇒マネーロンダリングに関する金融活動作業部会

全体としては、現時点での具体的な規制等には触れられておらず、不正・マネーロンダリングの防止に重点が置かれた内容になっている。

公開内容には、2018年7月の会合に向けて『我々は、CPMI、IOSCO、FATFを含む他のSSBとの協議のもと、2018年7月に暗号資産に関する作業を報告するようFSBに要請する』との部分もあり、具体的な規制については今後に先送りされた形だと思われる。


プハァ~!文字が多すぎて窒息するかと思ったウホ!

お疲れ様です。管理人はむしろ短く削るのに労力を使いましたw
当然ながら各国の意見をまとめて出されているので、言い回しがなんとも難解なんですよねぇ。

元の文章を翻訳にぶっこんで貼り付けたいと何回思ったかわかりませんw

ゴリは文字がダーって並んでると眠くなるウホォ…

出来ることなら要点を箇条書きで5行くらいで発表してほしいもんですw

管理人の印象としては、マネロンや不正防止について重点的に語られていて、具体的な規制については情報を集めてから今後に必要に応じて…という印象でした。
報道各社によっては、『仮想通貨のマネロンや脱税の危険性をG20が指摘!』とかの見出しになりそうな気もしますけどw

あ~たしかにそういう見方もできるウホね

正直言って、文書全体からどういった印象を感じ取るかは、見た人それぞれの判断に寄ると思います。
そういう意味で、興味のある人は全文を翻訳ソフトにぶち込んで目を通してみるのがいいと思いますよ!

g20.orgこちらから、ページ中央付近をクリックしてPDFを閲覧できます。

考えるんじゃない…感じるんだウホッ♪

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
g20.org
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す