仮想通貨の証拠金取引(レバレッジ取引)を1年以内に4倍以下に制限する方針

国内仮想通貨のレバレッジ取引を4倍以下に制限

日本仮想通貨交換業協会は、仮想通貨のレバレッジ取引の倍率を4倍以下に制限する方針を固めました。

レバレッジ取引は俗に言う「仮想通貨FX」ですね。

管理人は仮想通貨のレバレッジ取引には反対なので「よくやった!」という感想です。

証拠金取引とは?

手元資金を証拠金に、倍率をかけて取引すること。

例えば100万円を元手に証拠金取引をする場合、25倍であれば2,500万円分の取引が可能です。

少し詳しく解説しているので、以下の記事からどうぞ。

管理人はなぜレバレッジ取引に反対?

そもそもレバレッジ取引は必要ないんじゃないの?

レバレッジ取引をしていると証拠金不足による「ロスカット」が存在します。

なれないウチに手を出してしまうと、突っ込んだ財産が瞬間的に溶けます。

「仮想通貨に手を出したら、1000万円が10万円になった(´・ω・`)」

なんてメディアに登場するのは、基本的に勉強せずに仮想通貨のレバレッジ取引に手を出した大馬鹿野郎です。

これらの勉強せずに欲だけで参入する方が損して、仮想通貨のイメージを格段に落とします。

そもそも仮想通貨はボラリティが高いので、夢のある草コインを現物で買っておいた方が夢があって楽しいんじゃないかなぁと思います。

※ボラリティ
価格の変動幅

※草コイン
価格が非常に安いマイナーな仮想通貨

日本国内の証拠金取引(仮想通貨FX)がガバガバ

仮想通貨に馴染みのある読者さんならご存知のように

■サーバーにすらログインできなくなる取引所

■酷いハウスルールが存在する取引所

■注文が約定しないツルツル取引所

■各取引所によって価格が違いすぎる現象

■そもそも申込みのハガキが到着しない取引所

■取り合わせが1週間以上放置される取引所

どこの取引所がどうだ!なんてイチイチ言いませんが、国内の証拠金取引はガバガバな取引所が多いのが事実。

仮想通貨のレバレッジ取引をするのであれば、サーバーが強くてゼロロスカットルールを採用している海外取引所のBitMEX方が格段に安全です。

※ゼロロスカット
万が一資産がマイナスになっても、取引所に対する支払いは免れるルール

■bitMEX登録方法

日本仮想通貨交換業協会ちゃんとしてますね!

国内には「日本仮想通貨交換業協会」とか「日本仮想通貨事業者協会」なんて存在します。

紛らわしいウホー

紛らわしいので日本仮想通貨自主規制団体で良いと思うんですけどね。

カタチだけだと思っていた団体ですが、思いのほか良い仕事しています。

今後の活動に期待ですね。


スポンサーリンク

コメントを残す