金融庁・仮想通貨取引所6社に「業務改善命令」

金融庁・仮想通貨取引所6社に「業務改善命令」

6月22日、金融庁は国内の仮想通貨交換業者6社に「業務改善命令」を出した
該当の6社は、金融庁からの立入検査を受け、マネーロンダリング対策・内部管理体制の不備などが指摘されている。

業務改善命令を受けた6社

・QUOINE株式会社
・株式会社bitFlyer
・ビットバンク株式会社
・BTCボックス株式会社(BTCBOX)
・株式会社ビットポイントジャパン
・テックピューロ株式会社(Zaif)

テックピューロ株式会社(Zaif)は、今年3月にも業務改善命令を受けており、2度目の行政処分となる。

金融庁WEBサイトリンク

ビットフライヤーは新規顧客の受け入れを一時停止

ビットフライヤーは業務改善命令を受けて自主的に新規顧客の受け入れを一時停止し、内部管理体制の改善、マネーロンダリング対策の整備などに集中し、経営体制の改善を急ぐ方針だと発表している。




ウッハー、一気に6社ってかなりのインパクトウホね

発出された業務改善命令は、もちろん業者ごとに違いますが、「マネーロンダリング対策」「内部管理体制の構築」など共通している部分もありました。

なんか…こんだけ並べられると「みんなでマネロン対策がんばろうぜ!」みたいに見えるウホォ…

たしかに少し深読みしたくなりますね。
利用する側の私達には、どんな調査が行われて、どんな点が指摘され、改善する必要があるのかまでは詳細にわかりませんし。

相場もダダ下がりだし、ゴリの気持ちも梅雨入りしたウホ…

管理人はそこまで悲観的な気はしないんですけどねぇ。
長い目で見れば必要な事でしょうし、なにより相場の上下はチャンスともいえると思いますから。

あ~そう言われてみれば、買うにはチャンスウホね!

少なくても相場に関しては上下するのが当たり前ですし、上がる事だけを期待するんじゃなく、下がった時にどうすれば利益を出せるかな~って考え方も重要だと思いますよ!

らぢゃ!ゴリは何買うか考えてくるウホォォォ!

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
www.fsa.go.jp


スポンサーリンク

コメントを残す