金融庁・みなし業者1社の仮想通貨交換業登録を拒否する方針

金融庁・みなし業者1社の仮想通貨交換業登録を拒否する方針

日経新聞電子版6月5日の報道によると、金融庁は仮想通貨交換業の「みなし業者」1社の登録を初めて拒否する方針だという。

再開を認めない

対象となる業者は〔FSHO〕、同社は以前に、安全管理体制・システムリスク・経営管理体制などについて、金融庁の業務改善命令を受けており、それらの改善について履行できていない状況にあるとして、4月に「業務停止命令」を受けている。

6月7日に業務停止の期間が終了するが、金融庁は再開を認めず、FSHOが登録申請を取り下げなければ、登録を拒否する方針だと報じられている。


ホハー 今まで「みなし」状態だったけど、完全に無理ってハンコおされる感じウホね?

法施工前から運営を行っていたので「みなし業者」という形で認められてはいたものの…金融庁の求めるレベルには到達できなかったという事でしょうね。

それだけ厳しく検査してるって事ウホね

利用する側の私達にとって、金融庁の厳格な審査の結果が実感できることは少ないですけども、いつもの取引所を普段通り利用できるというのは、すごく大事なことなのかもしれませんね!

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.nikkei.com


スポンサーリンク

コメントを残す