FBIが仮想通貨の調査のための資金調達を要請

アンドリュー・マッケイビー(Andrew McCabe)理事長は、米国官僚に2018年度の新たな予算を要求する演説を行った。要求提案は合計で87億7000万ドル。資金の一部は犯罪者による仮想通貨の調査・追跡に充てるという。

「匿名性が高く、取引を曖昧にする」という意味では、極秘な取引には最適な仮想通貨が実在するのも事実である。

スポンサーリンク

不正な取引を隠す仮想通貨

現状のFBIでは暗号化やデジタル通貨などの技術が突破困難とし、エージェントが強力な暗号化のためアクセスが困難なため、仮想通貨を匿名性を提供する技術とし、サイバー犯罪との戦いへの準備が必要。とマッケイビー理事長は説明している。

匿名化技術の層の裏に、犯罪や身元を隠している小児性愛者や、麻薬密売人を特定する課題に直面している。

画期的で便利な仮想通貨。以前記事で紹介したように、今後の世界経済の革命になり得ると考えています。

便利な反面、今後の仮想通貨を取り巻く日本の税制や事件についてどのように対応していくのか注目しています。

とても便利な技術だけど、匿名性が特に強いという事も考えモノだウホ
ウホウホツ。確かにMoneroなんかは匿名性が強いウホ
仮想通貨の導入に前向きな日本は大丈夫ウホ?

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す