Facebook・仮想通貨関連広告の制限を緩和

Facebook・仮想通貨関連広告の制限を緩和

ソーシャルメディアプラットフォーム〔Facebook〕は、今年1月に開始した「仮想通貨関連広告の禁止」に関し、6月26日にポリシーを更新し、一部の事前承認された広告を許可する方針を示した。

ICOは引き続きNG

更新された「禁止された金融商品およびサービスポリシー」の項目では、以下のように記載されている。

6月26日より、事前承認された広告主から暗号化と関連コンテンツを促進する広告を許可するポリシーを更新します。しかし、バイナリオプションと初期コインの提供を促進する広告は引き続き禁止します。

バイナリとICOはダメ、他は申請してOK出れば掲載できるって話ウホね!

広告掲載には申請が必要

広告掲載の許可を得るためには「取得したライセンス、公的な証券取引所で取引されているかどうか、その他のビジネス上の関連する公的な背景を含め、適格性を評価するのに役立つ申請書」を提出する必要があります。

これらの制限について、Facebookプロダクトマネジメントディレクター:Rob Leathern氏は、「広告を出したい人の誰もがそうすることはできないだろう」と、認める一方で、フィードバックに耳を傾け、更新されたポリシーが効果的に機能しているかを注視し、必要に応じて修正していくと述べています。


なるほど~最初に大々的に禁止して、様子見て広げてく感じウホね

ある意味で想定通りの対応といったところですかね。おそらく、今後はTwitter、Google広告なども似たような対応を行うんじゃないかと思います。

てか…うちサイトで使ってるGoogleの広告って、変なICOとかちゃんとシャットアウトしてるウホ?

ん~ICOを全面的に打ち出した広告は確かに表示されなくなった印象です。
とはいえ、それで広告の全てが健全化したかと言われれば微妙ですけど。

まぁそりゃそうウホねぇ。ICOじゃなくても変な広告とか山ほどあるし。

何が健全と感じるかのラインも人によって違いますもんね。
仮想通貨に対する世界の情勢、人々の認知度などによって、GoogleやTwitterなど広告を掲載する側の判断基準も変化していくものだと思います。

全体の雰囲気が大事ウホ♪

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.facebook.com
bitcoinist.com


スポンサーリンク

コメントを残す