FaceBookが仮想通貨関連の広告掲載を全面禁止

仮想通貨関連の広告掲載を全面禁止

米フェイスブックが米国時間で30日、フェイスブック及び同社が運営する広告ネットワーク、インスタグラム上における仮想通貨やICO関連の広告掲載を禁止することを発表。

「誤解を招いたり人を欺くプロモーション手法」を検知するために意図的に広い範囲の設定され、広告掲載ポリシーに加えられた項目は以下の通り。

「誤解を招く、あるいは人を欺く行為と頻繁に連想づけられるバイナリーオプション、ICO、仮想通貨等のような金融商品やサービスを宣伝してはならない。」

発表によると、現在フェイスブックに掲載されるバイナリーオプションや仮想通貨、ICO等の金融商品の宣伝が多くの善意をもたない企業によってなされている。関連広告の禁止は詐欺的企業に利益を与えないようにするためだという。

フェイスブックはさらに「広告事業で最も大事な二つの原則は、安全性と人のためになっているかどうかだ」とした。

昨年からフェイスブックは不適切なコンテンツに広告が掲載される問題で米国民の批判を浴びており、問題の芽をいち早くつみたい考えのようだ。

仮想通貨自体に否定的というワケではない

FaceBookのCEOであるマーク・ザッカーバーグは仮想通貨に対して意欲的であることや、彼自体もビットコインを購入・保持していることはニュースでも有名です。

それなら何故ウホ?

怪しい仮想通貨関連の広告が多過ぎる

自分のサイトに掲載されている広告が実は詐欺でした。」なんてサイト運営者なら誰でも避けたいです。

管理人も当サイトに自動的に表示される広告について、怪しいと思われるICOや投資話の広告は表示を禁止していますが、本当にキリがないんですよね。

最近は見かけなくなりましたが、管理人が悪質だと感じた広告として代表的なのがASEC。広告の表示を禁止しても、別ドメインから広告を表示させようとしてきます。生命力ハンパねぇ。もし仮に詐欺コインじゃなかったとしても、広報が下手すぎ。

なるほど。ユーザー保護という目線ウホね!

FaceBookが伸び続ける理由は、きっとこういうところにあるのでしょう。FaceBook内の広告の表示の「適切・不適切」をユーザー側で設定できるようにするとかどうとか。そんな内容のニュースを以前どこかの記事で読んだような気がします。

管理人はほとんど利用していないけど、ユーザー目線に立って運営するFaceBookは凄いなぁと感じました。


若手といえば

金融庁はコインチェックに対して「業務改善命令」を出したそうです。

業務停止じゃなくて良かったウホー

業務停止だと更に大混乱を招いたでしょうね。とりあえず良かったです。

ツイッターではドス黒い噂話も登場

一気に有名になったウホーッ!

これが本当ならとんでもないことですが、乗じて混乱を招くようなことは避けて欲しいものです。このようなダークなネタまで登場するということは、有名になったということでしょう。

しかし年始のコインチェックのイーサ送金問題に、激しく違和感を感じたのも事実。結局ウォレットの故障だったのでしょうかね?原因の発表も無かったので気掛かりです。ネム財団が公表したコインチェックのネム保有量の食い違いも少し気になります。今後の経過に注目ですね。


スポンサーリンク

コメントを残す