イーサリアムからのハードフォークでEtherZero(イーサ・ゼロ)が近日中に誕生?

EtherZero(イーサ・ゼロ)が近日中に誕生?これってやべぇやつ?

近日中にイーサリアムからのハードフォーク分岐で誕生予定と言われている《EtherZero(イーサ・ゼロ)》

今回はこの《EtherZero》についてまとめています。

イーサリアムゼロじゃなくて、イーサゼロって名前みたいウホね
最初に注意事項

管理人個人の意見として最初に言っておきますが、私は《EtherZeroはうさんくせぇ》と思っています。

判断は人それぞれなので、最終的には閲覧者さん個人の判断に任せる事になりますが、いわゆるコピーサイト(公式そっくりの悪意あるサイト)やscam(詐欺)と思われるようなサイト・アプリなども報告されています。

公式サイト(と思われるリンク先)や、関連情報の検索・閲覧は十分注意して、自己責任で行ってください。

管理人が参照したリンク先は記事下部にまとめて置いておきます。

スポンサーリンク

EtherZeroとは?

一体どんな機能を有しているのか気になりますね!管理人の期待の大きさを表す意味でも、公式サイトの性能比較画像を見てみましょう!

ちょっ!画像が小っちゃくてなんも見えんウホォォォ!

管理人の期待の大きさを表しているので。というより…性能とか興味ありますか?

えっ…ゴリはあんまりウホー

ですよね。管理人もです。

実際に誕生して、流通するようになって、それで価値がある程度になってからでいいんじゃないかと思いまして。

興味のある方は、記事下に参照URLをまとめているので、そちらからご覧になってくださいm(__)m

動画もあった

フォーク予定ブロック数⇒4,936,270

フォーク予定日時⇒Jan 19th 2018 GMT 19:00-21:00⇒日本時間だと(おそらく)1月20日の早朝くらい?

総供給量⇒約1億9,400万ETZ

付与割合⇒1 ETHごとに1 ETZ

※公式サイトではこのような表示

重要な部分はこれだけ

予定ブロック数→4,936,270
予定日時→(おそらく)1月20日の早朝くらい?
付与割合→1 ETHごとに1 ETZ




付与される取引所は?

公式サイト上では『Exchanges we are contacting』(私達が連絡している取引所)という、なんとも曖昧な表現で数多くの有名取引所が羅列されています。

他のフォーク芸でも同じような表現してるの見たウホね…

景気よく並んでるウホー…日本の大手の名前もあるウホね

さすがに…ここに載っている取引所全てが付与を約束しているなんて信じられるほど、管理人はピュアじゃありません。

管理人は日本の大手取引所は、ほとんどアカウントを持ってるんですが、「そんなアナウンスあったっけ?」という印象です。

ウチのサイトもなんだかんだ多くの人に見てもらえているので、倫理上から直接的な表現は避けますが…

『これ…ただ有名どころ並べてみただけじゃないですかね?』(※個人の意見です)

それを直接的な表現って言うウホー!!…あれ?年末も同じやり取りした記憶あるウホ

まぁこれはあくまでも個人の感想なので。

EtherZeroどうなのよ?

管理人個人としては、[かなり微妙…というよりうさんくさい]という印象です。

管理人はいつも記事ネタを探して、海外の仮想通貨情報サイトを10数ヵ所巡回してるんですが、ハードフォーク予定直前の現状でもEtherZeroを題材にした記事がサッパリ見当たりません。
年末に情報サイトで見かけた記事も[スポンサー記事](情報サイトに掲載料を払って広告しているような形)でしたし。

なので、個人的には期待するより警戒しとこうという印象です。

現状では情報が少なすぎて、良いとも悪いとも言えません。

公式サイトらしきものに記載されている取引所にしても、全部が付与するとはとても思えませんし、EtherZeroの為に使った事も無いマイナーな取引所を開設して、そこに資産を移すのは個人的には推奨できません。

なるほどー、んじゃ管理人はどうするウホ?

管理人は、いつも通りBinanceに入れて放置します。

Binanceに入れるというか…管理人が現状メインで使っている取引所なので、違う言い方をすれば「特に気にせず平常運転」ですね。

了解ウッホ!Binance気になってる人は開設方法とかを参考にしてくれウホー!

■Binance登録方法

管理人個人のEtherZero対応まとめ

①所持しているETHをBinanceに入れておく。

②もし付与されたとしても、当面は放置。

③数ヵ所の大手取引所等の発表を待って[安全に]売れそうなら売る。

※ETZ対応をアピってるようなアプリ・ウォレット等は使わない(ダウンロードしない)

こういう対応にしようと思っています。
どちらかと言うと「欲しい!」という気持ちよりも「これ大丈夫なん?」という気持ちが大半です。

年末からビットコインに関連する様々なフォークが行われていますが[とても期待できるor信頼性が高い]もの以外は、ほとんど《Binanceで放置》という対応にしています。

記事の参考にしたリンク集

注意※→ここにまとめているURL・リンクについては、公式と思われるURLをまとめていますが、安全性を保証するものではありません。

その点をあらかじめご了承の上、当たり前ではありますが自己責任でお願いします。

というのも、EtherZeroに関しては[偽サイト・偽アカウント・scam(詐欺)サイト]が複数確認されているようです。

関連情報の検索・閲覧は十分注意して行ってください。

EtherZero公式サイト

http://etherzero.org

ちなみに管理人は、Ether(ETH)のデスクトップウォレットとして《metamask》を使っているのですが、この公式サイトに接続しようとすると、metamaskから画像のような表示が出ます。
確認する為にmetamaskをOFFにして接続した事を付け加えておきます。

EtherZero ホワイトペーパー(PDFが開きます)

https://www.etherzero.org/ETZ%20Whitepaper%20v2.0.pdf

EtherZero公式Twitter

 


スポンサーリンク

コメントを残す