もう課金はいらない?ゲーム内でマイニングできるってよ!DMM GAMESのクロスオーバードにHecatonCaveが実装

課金はいらない?ゲーム内でマイニング!

ソーシャルゲームとソーシャルアプリの企画・開発・運営を行う株式会社スマイルメーカーは、同社が開発したブロックチェーン技術応用サービス「HecatonCave(ヘカトンケイブ)」がDMM GAMES』の既存運用タイトル「クロスオーバード」に実装され、テスト運用を開始しています。

DMMで遊べるゲームにブロックチェーン技術を使ったサービスが実装されたって話ウホね!

クロスオーバード×HecatonCave

HecatonCaveを実装したゲームはプレイヤーに承認を得た上で、ゲームプレイを阻害しない範囲でプレイヤーのパソコンなどのゲーム端末リソース(CPUパワー)をマイニングに利用できます。
これにより、ゲーム運営側はマイニング報酬を収益源とし、プレイヤーは提供した端末リソースの対価として、ゲーム内アイテム等を運営側から受け取る事ができます。

《画像引用元⇒hecatoncave.com

課金のかわりにマイニング協力して、課金アイテムとかポイントもらえるみたいな仕組みウホね!

この新しい取り組みは、従来の様々なゲームタイトルで課金アイテムに投入する金額の多寡により生じていた不公平感を改善し、長期にわたってゲームそのものを健全化していく事が予測されます。

ゴリがネットゲームを始めたばかりの頃、課金重戦車みたいなヤツに蹂躙されたのは忘れられんウホォ…

実際にやってみた

クロスオーバードのゲーム内では、『サルベージ』という名称でHecatonCaveによるマイニングが実装されていました。

サルベージを選択すると、CPUパワー利用についての承諾画面が表示され、同意するとサルベージが開始されます。

画面下の〔CPUpower〕のスライダーを動かすことで、サルベージに使用するリソースの割合を調整する事ができます。

HecatonCave実装と共に完全無料化

クロスオーバードでは、10月25日にHecatonCaveによるマイニング実装と共に完全無料化に移行しています。
今回のHecatonCaveの実装は、ゲームと課金アイテムの関係に一石を投じるものになるだろう。


なるほど~これ意外と悪くないシステムのような気がするウホォ!

極論を言ってしまえば、今までは”お金”を使っていたのが、”電気代”に置き換わるという形ではありますが、今後の拡張性なんかに期待できそうに思いました。

んでも…廃人みたいな人だったら、ゲームとマイニングを24時間フル稼働するんじゃないウホ?

今回のクロスオーバードを覗いてきた限りでは、通常のゲーム進行とサルベージ(マイニング)は同時進行できませんでした。

個人的にはそこが良い点かな?とも思うんです。
サルベージによって得られたアイテムが、どの程度ゲームに貢献するかは私にはわかりませんが、通常のゲーム進行とサルベージを上手にバランスできれば、息の長いゲームにできるのかなって。

ホホー!この仕組み、他のゲームでも活かせそうウホね!課金で強さ変わるような対人ゲームは格差やばいことなるし

まぁ…言い換えれば、その類のゲームは自分の腕前や攻略などに自信が無い人でも、現金さえぶち込めばゲーム内で輝けるというワケで…ある一定の需要があるのも否定はしませんがw

個人的に、HecatonCaveは*RMT(リアルマネートレード)対策としても有効なんじゃないかと思いました。
いわゆる課金アイテムを得る手段が、ゲーム内のマイニングという形に限定されるのであれば、RMT業者に流れるお金は減るんじゃないかな~と。

※RMTについてはこちらの記事内で詳しく解説しています。

あ~それはたしかに!ゲームの種類によるだろうけど、対策の1つにはなりそうウホね!

ですです。大人数で1つのフィールドで遊ぶMMORPGなんかは相性がいいかも。

スマホゲームなんかだとガチャ課金が大勢を占めていますし、HecatonCaveのような新しい取り組みが、ゲームと課金の仕組みを大きく変えるかもしれませんね!

DMM GAMESはけっこう楽しい!

DMMと聞くと「美少女ゲームでしょ?」というイメージがあると思いますが、多種多様なゲームがラインナップされています。

手軽にひまつぶしが出来るものから、腰を据えて遊べるゲームまで色々あるので、覗いてみると楽しめるかもしれませんよ!

管理人も最初は抵抗があったんですが、友人に「艦隊これくしょん」をオススメされた事がキッカケで、現在でもマイペースに遊んでますw

DMM GAMES 遊び放題

おまけ RMTとMMORPG

※仮想通貨には全く関係のないムダ話です。

MMORPGで出会った人の思い出を語るウホ!

管理人が以前プレイしていたMMORPGには、RMTの権化とも言えるようなマスコット的な人がいまして…普段はほとんど動いていないのに装備だけは全サーバー最強レベルなんですよ。

んで…ある日、管理人がダンジョンで当時最強レベルの武器を拾ったんです。残念ながら自キャラの職業用の装備じゃなかったので、当然誰かに売る事になり、試しにマスコット君に声をかけたわけですよ。

そしたら…

マスコ:買う!買います!

管理人:了解でっす!けっこう値が張るし、(金の準備に)何日くらいかかりそうです?

マスコ:あ!すぐ大丈夫です!

管理人:え!この前全財産で別のアイテム買ったって…

マスコ:もう都合ついたので!

管理人:マジすかーすごいですね

マスコ:(*´艸`*)

–マスコが業者っぽい怪しい名前(英数字の羅列でLV1)のキャラクターと隣り合って数分後–

マスコ:お待たせしました^^

管理人:「」

で…でもそれ倉庫用の別アカかも知れんウホよ!

いや、そのマスコット君は天然なんで…聞いたら普通に「〇〇のRMT業者が安いよ~^^」とか言っちゃう人なんですよねコレがw

それソッコー通報されてBANされんじゃないウホ!?

いやぁ…ぶっちゃけ装備は最強レベルでも、パーティダンジョンや大人数の対人コンテンツなんかだと、動きが初心者レベルにポンコツだったので…

全身RMTなのに誰からも恨まれないというMMORPGの奇跡のような存在だったんですよ。

誰かしらから通報はされていたと思いますけど、正規の課金もかなりしていたし恨みを買うような行動もしないので、もしかしたら見逃されていたのかもしれませんねw

ぐはっ…その人は何のために装備強くしてるウホ?

管理人が受けた印象で言えば、「強い装備を揃えるのが楽しい」というスタイルだったように思います。

どう考えても一般的なプレイヤー層を数人まとめて蹂躙できるようなキャラスペックなんですが、大人数の対人コンテンツだとひたすら蹂躙されてましたね。

装備が強いのでなかなか倒れず、敵陣営からは”しゃべるサンドバック“、味方からは”戦場のマスコット“みたいな扱いになっていました。

いろんな人がいるウホw

記事を書いていたらふと思い出したので、ついでに無駄話をしてみましたw

ゲームを運営する側にとっても、新しい収益化の手段として選択肢が増える事で、MMORPGの最強武器は「福沢諭吉」から別のものになるかもしれませんね!

札束で殴り合え!ウホッ♪

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
hecatoncave.com
games.dmm.com


スポンサーリンク

コメントを残す