色々凄い。マイニングウェアで家宅捜査を受けた方の記事を読んで(感想文)

相方が教えてくれた記事ですが、マイニングウェア「Coinhive」の利用で家宅捜査を受けた方がいたようです。

Coinhiveって?

ユーザー(閲覧者)のブラウザからCPUを動かして、仮想通貨「Monero」のマイニングを行うツール。

結構記事にも出ているウホね

アフィリエイトの新しいカタチとして注目されていますが、閲覧者に無断でCPUを動かすサイトやツールが流行し問題視されていました。

例えばユニセフでは子どもたちの支援として、HP訪問者のPCでマイニングを協力して貰うという案件も。

海外の大手のwebマガジンでは「広告表示かマイニングを選べ!」といった大胆な案件もありました。

しかし・・

やはり悪い人は居るもので「影でコッソリ動く」ものや「感染して自動的にマイニングさせる」ものが誕生し、印象は最悪に。

可能性の芽を摘んだ感ウホ

要するに「隠れてコッソリ動くマルウェア」といった認識になり、一気に印象が悪くなりました。

閲覧者のCPUを使ったところで知れてるウホー

マイニングさせることで広告を表示しなくても良いとなれば、それはそれで良いと思いますけど・・閲覧者のCPUを使ったところで効果は知れてますからね。

サイトを運営している立場としては、折角記事を書いているので多少の広告費もほしいですが、広告が多すぎるというのもどうかと思うのです。

スマホの全画面広告とか本当迷惑ウホ

アレが出てきた瞬間、閲覧を諦めるかもしくはAdblock(広告をOFFにするブラウザ)に切り替えます。

サイト運営者は「広告ブロックはんたーい!」と叫ぶ前に、サイトの広告のありかたやユーザビリティを考える必要があるのかもしれませんね。

前置きが長くなりましたが

こちらの記事です。

筆者さんは「快適に閲覧でき、不自然にCPUが回らない」ように調整したようですが、閲覧者に対して告知・同意を得ていなかったため問題となったようです。

閲覧者の同意を得ていないとアウト?

結論として、告知・同意なしで閲覧者のPCやスマホのCPUでマイニングに使用するのはアウトっぽいです。(前後の記事を読めば容易に察することができますが。)

後出し感というか、今更?感がありますねえ。

同じJSを使う広告なんかは問題が無いようです。線引が難しいですね。しかも一撃家宅捜査とか・・見せしめでしょうか。

実は・・管理人も実験的に導入してみようかな?と思っていたので危なかったですねえ。


スポンサーリンク

コメントを残す