仮想通貨マイニング「Coinhive」サービス終了へ

「Coinhive」サービス終了へ

WEBサイト閲覧者のPCパワーを仮想通貨マイニングに利用して収益化するサービス「Coinhive」の開発チームは、2月26日のブログ上の記事で、2019年3月8日をもってCoinhiveのサービスを終了することを発表しました。

あらぁ…登場した時はサイト収益化の選択肢が増えるかもと思ってスゲー期待したウホォ

終了理由は「経済的に継続困難」

開発チームは終了の理由について、「経済的な面からサービスの継続が難しい」と説明しています。
仮想通貨市場全体の急落と共に、マイニング対象であるMonero/XMRの価値が1年以内に85%を超えて下落したこと、3月9日に予定されるMoneroネットワークのハードフォークとアルゴリズムのアップデートが理由としています。


Coinhiveとは?

CoinHiveは、ウェブサイト上に設置したJavaScriptプログラムを使用して、サイト訪問者のコンピューターの演算能力を利用、仮想通貨Moneroをマイニングする為に動作します。

登場初期は広告やアフィリエイトに代わる「新しいサイト収益の形」として注目されていました。

しかし、一部ではCoinHiveと似たプログラムを悪用して拡散されたマイニングマルウェアの存在や、CoinHiveを知らないユーザーにとっては「無断でPCパワーを使用されている」との印象から、賛否様々な意見があった。

2018年には、Coinhiveを自分のWEBサイトに設置したユーザーが警察から摘発を受ける事件が発生。
WEBサイト閲覧によって、画像や動画、広告の表示など、Coinhive以外のJavaScriptプログラムが大なり小なりCPUパワーを使用するのに「なぜCoinhiveだけが検挙なのか?」などの議論を呼んだ。

言っちゃ悪いけど、童貞中学生なみに先走り気味な話だと思ったウホ!※ゴリラの意見ウホ♪

Coinhive関連まとめ

当サイト内関連記事
Coinhiveで家宅捜索を受けたモロさんのブログ

Coinhive、管理人はどう思う?

登場初期はスゲー期待したけど、あっという間にウィルスみたいな扱いにされたウホね…

CoinhiveそのものはPCを破壊したり情報を盗んだりする類のプログラムではありません。
しかし、その仕組みを悪用したマルウェアがメッセンジャーで拡散される事件があったり、ブラウザを閉じた後でも秘密裏にマイニングを行うような手法が問題になったり…あっという間に世間一般の印象が悪くなりましたよね。

んでも慈善団体のユニセフなんかは、ちゃんと告知してCoinhiveで寄付集めたりしてたウホ!

ですね。そういう意味では”新しいツール”として大きな可能性を感じていました。
ただ、管理人は自分でもマイニングを行いますし、常に仮想通貨に触れているからそう思えるのであって、いかんせん「仮想通貨・マイニングを知らない人達」にとっては正しく理解するのは難しいよなぁ…と。

ちゃんと理解しないと「とりあえず悪い事っぽいからタイホしよう」みたいになるウホね?

ゴリさんグイグイきますねぇw
うーん…個人的には「閲覧者の合意無しでCPUパワーを使う」のが違法になってしまうのであれば、世の中からWEBサイトが消滅しますし、不正と正当のラインを誰が見ても理解できるくらい明確に規定しないと無理があるかなぁと思います。
それこそWEBサイトやブログなんて中学生だって作れるワケですし。

なるほど、大人サイト女子高生カテゴリを検索したらセーラー服着た熟女が表示されて「そうじゃねぇだろっ!」ってブチ切れるのも意図せずCPUパワーを使われてるって話ウホね?

たしかに!ゴリさんが意図しているのは”女子高生”を表示させる事で、熟女の表示にCPUパワーを使うのは合意していないですもんねw
冗談はともかくとして、管理人自身もCoinhiveの登場初期はサイトに実装してみようか検討したくらいです。

ある意味、管理人が面倒くさがりでスルーしたから、結果として助かったとも言えるウホォ…

ですよねぇ。こういう事があると”WEBサイトの新しいツールや技術”なんかも個人レベルでは気軽に試すのが怖くなってしまいますよね。

なんか最近のWEBサイト系の話は「モヤッ」とするのが多いウホォ…

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
coinhiveブログ


スポンサーリンク

コメントを残す