米コインベース(Coinbase)日本市場へ

米コインベース(Coinbase)日本市場へ

日経新聞電子版6月4日の報道によると、アメリカ大手仮想通貨取引所GDAXを運営するコインベース〔Coinbase〕が、日本市場に進出する予定だという。

ホワー!ついに攻めてきたウホォォォ!

コインベース〔Coinbase〕

報道によれば、Coinbaseに出資を行う三菱UFJフィナンシャル・グループと提携して日本市場に進出し、金融庁への登録申請も年内に行う方針だ。

日本法人の社長には「お金のデザイン」COOを務めた北沢直氏が就任し、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの主要通貨を扱う予定。

コインベースは、2012年から長期間の運営実績を持ち、ニューヨーク州で仮想通貨事業を運営する免許にあたる「ビットライセンス」も取得しており、取引所・ウォレットなどで多くの顧客を抱える企業だ。

海外大手が日本市場に参入することで、取引所間の競争による手数料の低下や、利用者の保護、顧客サービスの充実など、市場全体に様々な影響が生まれそうだ。


具体的にはこれからって感じウホね?

報道内容を見る限りでは、「コインベースが日本に進出する」という点がメインで、具体的な時期や取引所の方針などについては今後の続報に期待という所ですね。

んでもこれから申請だしてだから…けっこう時間かかりそうウホね?

昨年に比べて金融庁の審査はかなり厳しく、さらには審査の順番待ち企業もたくさんいるという報道も見かけますし…その辺はどうなんでしょうね?

てか、審査でOK出るかもわからんウホね

時間的な問題はともかく、Coinbaseはセキュリティ対策にかなり力を入れているとの報道もありますし、なにより取り扱い通貨は4種類の主要通貨のみだったはずです。

いわゆる草コインを大量に扱う他の取引所と比べて方針が全然違うので…管理人はサクッと認可される可能性は高そうに思います。

たしかに!日本の取引所は今のうちに戦闘準備しないとやべぇウホよ!

参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.nikkei.com


スポンサーリンク

コメントを残す