おや・・・?コインチェックの様子が・・?でもまだ早いんじゃないですかね?

コインチェックにちょっと動きがありました

どうやら「利用規約」と「仮想通貨取引説明書」の改正があったようです。

改正適応後に復活するのでは?という噂がチラホラ

う~ん。どうなんでしょうね?

今までも「復活か!?」といった動きから沈黙を繰り返しているので「まだ先なのでは?」といった感想です。

復活の予想も言ってしまえば外野の勝手な予想なので、Zaifの一件でシビアなこの時期に復活は少し厳しいような気もします。

そもそもこういった仮想通貨関連のショッキングなハッキングニュースは日本で起きており、もう少し全体的なセキュリティの概念を見直す必要があるのではないか?と思います。

そもそも日本全体でITセキュリティのリテラシーに遅れをとっているウホォ

「管理人も日本人じゃないか!」と言われると思いますが、実際に海外のサービスを利用していると肌で感じることです。

海外のサービスの大半はパスワードの管理一つにも「記号を含みなさい!」「もっと長くしなさい!」「IDと似てるからダメ!」「誕生日を含むからダメ!」

こちらがウンザリしてしまうほど細かくチェックされます。

「利用者側」も「管理側(取引所側)」もこういった管理が当たり前にならないと、この先も同じような悲劇が待っているのではないでしょうか。

また取引所の集合体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)がZaifの事件を受けて、ようやくホットウォレット管理を厳格化するといった鈍足ぶり。

コインチェックの事件から当然対策されていると思っていましたからね。これには落胆しました。

先日記事にしたように、北朝鮮ハッカー集団「Lazarus」にも割と初歩的な手でカモられてますからね。正直日本人として悔しいですよ。

こういったリスク管理の甘さから、管理人は海外の大手取引所の方が安全だと判断しています。

BinanceBitMEXあたりが間違いないと思うウホォ

日本の取引所で対応が早くスコアが高いのは「BitBANK」ですかね。悲しい話ですが、日本の各仮想通貨取引所は「現金引き出し」や「入金用」として割り切ったほうが良いような気がします。

口座を開設しておく分には便利ウホォ

一応口座を開設しておく分には便利ですが、常に利用するとなると少し不安な部分があります。

コインチェックの復活で仮想通貨市場が回復するとの予想もありますが、一度地に落とした取引所の信用を回復するには時間が掛かるものと思われ、さほど市場に影響は無いような気もします。

コインチェックの規約変更の内容

ささっと斜めに読んでみましょうか。

・セルフGOX(誤送金)の補填対応はしません。

・フォークしたコイン(分岐コイン)の付与や取扱いの決定はコインチェック側

・レバレッジ取引中にサーバーが落ちて被害がでても、責任は負いません

・マネロンは絶対許しません

・匿名通貨は全て廃止します

かなりざっくりまとめましたが、だいたいこんな内容です。

まぁ普通に考えて海外の取引所を使ったほうが良さそうですね。先述の通り「現金引き出し」や「入金用」として使うくらいの立ち位置が良いと思います。

なかなか動かない取引所といえば・・Bankera取引所

ふとツイッターを見ているとこんな情報が

管理人的には夏にはOpenしている予定でしたが、思いのほかノンビリしているBankera取引所。

そんなBankera取引所がOpenを匂わせるツイートをしていました。

「あとは仕上げ作業です!数ヶ月以内にコミュニティでBankera取引所について情報を流します。ご意見は大歓迎です。」といった内容

じっくりやるタイプのチームなのでおそらく年を越してから・・といった感じでしょうか。

要注目のニュースですね。


スポンサーリンク

コメントを残す