BTCは回復かレンジ突入か?先月の下落要因まとめ

回復かレンジ突入か?

チャートを見る限り3200ドル付近のサポートで反発しています。

上値の3700ドル付近にレジスタンスが存在するので、この反発が3700ドルを超えるかどうか注目が集まっています。

一部のコラムでは3000ドル付近で更に下落する可能性があるとのこと。

相変わらず戻り売り作戦ウホォ

ここから下落して3300付近で反発すれば、3300~3700付近でレンジ相場に突入する可能性も高いです。

今回の底値については3000ドル・1500ドル・0ドルと様々なメディアが予想しています。

まだ底値を確認したとは言い難い状況なので現段階で買いを入れるのはまだ早計かもしれません。

仮想通貨市場に影響した要因は?

ICEが仮想通貨プラットフォームの延期

短期的にはとても良い好材料だったので、失望売りが殺到しました。

来年1月にローンチされるとか。

ビットコインキャッシュのハードフォーク騒動

管理人的には一番影響あったんじゃないかな?と思うハッシュ戦争。

各陣営では赤字垂れ流しで戦っていましたが、ビットコインの送金は詰まるわBTCハッシュパワーを戦争に充てて送金は詰まるわ。。

「便利ならそれでいい」と考える管理人にはクソみたいな戦争としか捉えられませんでしたね。

経済の後退

アップル株等の主要IT株の下落が観測されています。

これに伴い仮想通貨市場も下落したものと考えられます。

仮想通貨ランキング

最近あまりチェックしなくなりましたが、リップルが安定して2位に定着してきています。

すぐ消えるだろうと予想されていたBitcoin-SVが一瞬ビットコインキャッシュを追い抜いてましたが、何かあったんですかね。

情報があり次第記事にしてみたいと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す