BjörkはCDの購入者に仮想通貨を贈る

BjörkはCDの購入者に仮想通貨を贈る

アイスランドの歌手Björkは、11月24日に発売される自身の9作目のアルバム『utopia』の購入に際し、数種類の仮想通貨を受け入れるとTIMESが報じました。

BjörkのWEBサイトやレコードレーベル[One Little Indian]を通じて彼女のアルバムをあらかじめ注文する人は『100AudioCoins』を受け取ります。

AudioCoinsは、他の仮想通貨に変換する事ができ、Björkの音楽やソーシャルメディアへのリンクを共有する事で、ファンに対してさらに多くのAudioCoinsが発行される可能性もあります。

ウホー CD予約するとコインがキャッシュバック的にもらえるウホ?

そうみたいですね。ソーシャルメディアへのリンク共有でさらに発行される可能性という記述から、おそらくTwitterなどでのプロモーションに協力すると報酬がもらえるという仕組みなんじゃないでしょうか?

ホホー ファンの人は好きな歌手をみんなに知ってほしいから効果ありそうウホね

アーティストは広告宣伝費を抑えて宣伝に繋がる。ファンは好きなアーティストをみんなに広めて報酬がもらえる。実際の詳細な仕組みはわかりませんけど、お互いにwin-winの形になりそうですねぇ。


音楽販売の新しい形へ

この試みは、ロンドンを拠点とするCrypto Startup [Blockpool]と提携して行われており、報酬は、Blockpoolによって作成されたe-walletに入金されます。

Blockpoolによると、現在のストリーミングサービスは、アーティストに公平な収入を与えることに失敗しており、「AudioCoinsはファンとアーティストに同時に報酬を与える」と述べている。

ブロックチェーン技術を使用することで、ファンはコンピュータで音楽を受信し、アーティストはファンからの支払いを受けることになります。
仲買人を切り分けることで、アーティストはアルバムの売り上げを減らすことを心配する必要はありません。

ホホー たしかにちょっと納得ウホね

オンライン上で決済と作品の配信が完了するのであれば、店頭でCDを売るまでに必要なコストをカットできますもんね。買う側にとってもキャッシュバック的にAudioCoinsがもらえるなら嬉しいですし。

そういえば最近って店頭でCD買わなくなったウホねぇ

たしかに昔に比べればお店で買う機会はガクっと減りましたよね。よっぽど実際の[]が欲しい時じゃなければオンラインで買っちゃいますよね。手間もかからないですし。

CDの貸し借りから生まれた恋もあったウホねぇ…(遠い目)

まぁ今は貸し借りの代わりに『データ持ってるから送ってあげるよ~』になっただけだとは思いますがw
対面で手渡しするのが必須だった時代と比べたら、色恋に発展しづらいかもしれませんね。
その代わり、ネットの発展で他の国のファンと話す機会があったりもするわけで。

そっか~Björkのこういうチャレンジも新しい形を作るかもしれないウホね!

これがモデルケースになれば、若手のアーティストも追従できる環境が整うかもしれませんし、良い形に進んでいくといいですね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
cryptocoinsnews.com


スポンサーリンク

コメントを残す