ビットマンが登場?スロバキア銀行にBTCロゴが投影される

銀行にBTCロゴが投影

7月11日、中央銀行を含むスロバキアの銀行には、地元コミュニティの抗議活動の一部として、「外壁に巨大なBitcoinロゴ」が投影された。

ウホッww遊び心ある抗議ウホーw

この行動の主催者と思われる団体 Paralelni PolisのWEBサイトでは、ライトアップの様子を録画したビデオを Instagram、YouTubeなどで公開しており、ビデオ内では、BitcoinとMoneroのロゴが投影された銀行と思われる映像が確認できる。

WEBサイトによれば、今回の行動は、仮想通貨関連企業やユーザーに敵対的な行動を取る銀行に対しての反応だとしている。

暗闇を打破する

Paralelni PolisのWEBサイトでは、ロゴ投影の意味について以下のように述べられている。

→文章が非常に「詩的」な表現だったので、Google翻訳だと意味が通じませんでした。
その為、管理人のガバガバ翻訳で要約していますので、参考程度にお願いします。

『スロバキアの銀行は、仮想通貨の可能性を無限に広げ、新興企業への支援を行うことなく、当局の不明瞭な規制という闇の中に居座っている』

『銀行への光(ロゴの投影)は、暗闇を打破しようとする試みであり、15世紀に革命的な書籍技術が確立するのを妨げられたのと同様に、現在21世紀においても、ブロックチェーンによる地方分権化の新しい時代を脅かしている』


要は今の現状が暗闇に閉ざされているから、ライトアップ的にロゴを投影したって言ってるウホねw

単純に言ってしまえば、銀行の壁にビットコインのロゴをライトで投影したってだけの話なんですが…なんともスタイリッシュですねw

良い悪いはともかく、パッと見でオシャレウホォw

性能やデータなどで優位性を説き、支持を増やすという取り組みも重要ですが、こういう誰にでもわかりやすい形で印象に残すというのも1つの方法なのかもしれませんねw

ヨシ!日本も負けずに「ビットコイン打ち上げ花火」やるウホォ!

あ~wもし花火で表現が可能なら、面白いかもしれませんね!
どこかの花火業者さんがプロジェクトを立ち上げたら、意外と支持が集まりそうw

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinist.com
paralelnapolis.sk


スポンサーリンク

コメントを残す