Bitfury・ノルウェーに新たなマイニングデーターセンターを開設。現地雇用と再生可能エネルギーの促進も。

Bitfury・ノルウェーにマイニングデーターセンターを開設

マイニング・Blockchainテクノロジー会社〔Bitfury Group〕は、ノルウェーへのデータセンター開設を発表しました。

Bitfuryはこのプロジェクトに3500万ドル相当の投資を行っており、開設地であるMo i Rana地域から約30人の現地従業員を雇用する予定であると発表しています。
さらに、現地数社の発電所から年間100%の再生可能エネルギー供給を保証しています。

ホホー 現地にとってもプラス要素が多そうウホね!


大臣からも歓迎

ノルウェーの貿易産業大臣TorbjørnRøeIsaksen氏は、Bitfuryを歓迎する声明を発表しています。

「Bitfury GroupがノルウェーとMo i Ranaに新しいデータセンター設置を選択したことを嬉しく思っています」
「データは、ビジネスコミュニティにとっても社会全体にとってもますます重要なリソースになるでしょう。これは、ノルウェーの企業にとって大きな経済的機会を提供します。データセンター業界は急速に成長しており、ノルウェーは経済成長と新しい雇用の機会を提供しています」

3月20日に行われた記者会見では、Bitfury CEO:Valery Vavilov氏は次のように語っています。

「ノルウェーは、革新と成長へのBitfuryの焦点に完全にマッチしている」
「新しい顧客関係を特定し、企業をより安全かつ効率的に運用するために必要な製品とソリューションを設計することを楽しみにしています」


ホホー 大歓迎ウホね!

開設によって雇用も生まれますし、供給に余力のある発電施設などでは、決まった量を継続して買ってくれるわけですもんね。
双方にとって理想的な形なのかもしれません。

マイニングに関して世界中で様々な意見がありますが、取り組み方次第のように感じます。

ビットコイン=電気たくさん使うからダメみたいな意見が多いのは気になるウホー

パッと見の印象が悪い部分って、報じる側も取り上げやすいですし、関心も集めやすいですからね。
産業がエネルギーを使うのは当たり前ですし、それによって収益を生んで雇用にも繋がるわけですから、個人的にはそんな悪いものでは無いと思うんですが…。

とはいえ、1年前なんかはマイニングの電気の問題なんて大して話題にもなっていませんでしたから、ある意味でそれだけ人々の関心が高まっているとも言えると思いますよ!

ウホッwいい事言った!タケノコなみにメキメキ成長して欲しいウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinist.com
medium.com


スポンサーリンク

コメントを残す