ビットフライヤー・金融庁からの業務改善命令を受け、新規顧客の受け入れを一時的に停止へ

ビットフライヤー・新規顧客の受け入れを一時的に停止へ

6月22日、日経新聞の報道によると、仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)は、マネーロンダリング対策など内部の管理体制が不十分であるとして、金融庁から「業務改善命令」を受けた。

それを受けてビットフライヤーは、自主的に新規顧客受け入れを一時停止し、内部管理体制の改善、マネーロンダリング対策の整備などに集中し、経営体制の改善を急ぐ方針だという。

顧客獲得を担当してた人員とかも、改善にぶっこんで全力でやるぜって話ウホね


既存ユーザーは今まで通り

既存ユーザーの取引や売買の利用については現状通り運営し、新規ユーザーの登録を一時的にストップする。
金融庁からの業務改善命令に従って、経営体制の見直しや改善を行った後、新規顧客の受け入れを再開する方針だ。

ビットフライヤー発表からの引用

《引用元⇒bitflyer.com

ホホー、週頭に報道された通りになったウホね

ひとまずは速報という形で記事にしてみました。

他の取引所も業務改善命令出たウホ?

…記事を書き上げてアップする前に金融庁のHPを更新したら、6社分の行政処分に関する内容が更新されてやがりました…。
ひとまず、この記事はこのままUPして他の取引所に関する内容は別記事にするつもりです。

ウハハw記事を書く身からしたら、いやなタイミングウホねw
それはともかく、取引所や金融庁より報道機関の方が早いってすげーウホね

…ちょっとモヤッとしますけど、それだけ仮想通貨の業界が注目されているという事かもしれませんね。
とりあえず詳細については今後の続報待ちですが、新規顧客の受け入れを止めてまでの真摯な対応は、さすが大御所という印象でした。

かなり思い切った対応ウホね!

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitflyer.com
nikkei.com


スポンサーリンク

コメントを残す