bitFlyer(ビットフライヤー)・マネロン対策の徹底で入出金が遅延

ビットフライヤーで入出金遅延

国内仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)で、入出金の遅延が報告されています。

マネロン対策の徹底に起因か

日経新聞の報道によると、ビットフライヤーでは金融庁が6月に出した業務改善命令を受け、マネーロンダリング対策として改めて本人確認を徹底していることで入出金の遅延が発生しているという。

《引用元⇒nikkei.com

金融庁によると、同社は本人確認の徹底を怠ったことで反社会的勢力による取引を許す結果につながった。このため同社は改めて反社会的勢力のリストと入出金を求めている顧客との照合を進めており、疑わしい取引でないか徹底して確認している。

ユーザーの不安と不満

記事執筆時点で確認した限りでは、ビットフライヤーからは入出金の遅延を伝える通知等は確認されていない。
公式Twitterでは、入出金遅延の影響を受けているユーザーから厳しい批判の声が集まっている。

確認作業の徹底による人員の不足も影響か

ビットフライヤーでは、金融庁からの業務改善命令を受けた後、自主的に新規顧客受け入れを一時停止し、内部管理体制の改善、マネーロンダリング対策の整備などに集中し、経営体制の改善を急ぐ方針を打ち出している。

日経新聞の報道では、入出金の確認作業を担当する人員不足の問題が指摘されている。


バッカもぉ~ん!真っ当な理由で遅延するならするって、なんで事前に利用者にしつこく告知しないウホ!!

WEBサイト、Twitter、管理人自身の受信メールも確認してきましたが、この件についての通知は確認できませんでした。
最近はビットフライヤーを使う機会が無かったので報道されるまでは気づかなかったです。

長い人だと1週間以上ビタ止まりみたいだけど…けっこう影響受けてる人いるウホ?

人数については報道からは確認できませんでした。とはいえ…人数の多い少ないの問題じゃないとは思います。
業務改善命令、反社会勢力のマネロン問題など、ユーザーが不安に感じている時に入出金まで遅延されては…という印象です。

海外情報サイトなんか「YAKUZA(ヤクザ)」どうのとか見出しに入れてたウホォ…

非常に不名誉だし、利用者としても残念ですよね。
個人的にはビットフライヤーって国内取引所の中で「高級ブランド」的な印象を持っていたんですが…。

世界的な知名度のあるビットフライヤーも含め、数社の取引所が業務改善命令を受けたことで、世界の目も日本に向いていると思います。
取引所の運営企業にとっては今が正念場だと思いますし、なんとか踏ん張ってほしいです。

素晴らしい対応して、海外勢に「SAMURAI SPIRITS!」とか言わせてやれウホ!!マジでがんばれ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
nikkei.com
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す